ジェーピーワイマックスロゴ

WEBお問い合わせ  24時間受付中
電話相談はこちら  0120-545-618

WEB申込み   menu

2019年ワイマックス最新端末情報!L02を他機種と徹底比較!

WiMAX基本情報

2019年最新端末情報!ワイマックスホームルーターL02を他機種と比較

ポケットWiFi業界初!下り最大速度1Gbps超え!

WiMAXから固定回線並みのホームルーターが新発売!

発売日予想から、新機種のスペックを楽しみにされていたという方も多いのではないでしょうか。圧倒的進化を遂げ、ついにWiMAXからホームルーター最新機種Speed Wi-Fi HOME L02が発売されます。

最新機種HOME L02のスペックは、なんと下り最大速度1.2Gbps!固定回線並みの速度に達しました。もちろん、その他にも新機能は盛り沢山。

そこで、今回新発売される機種HOME L02について、世界最大のWiFiコミュニティFONが運営する当サービス、JPWiMAXから最新情報をお届けします。

既に、WiMAXから発売されているホームルーターと比較してどれだけ進化したのか、また最新機種HOME L02をお得にご利用頂く方法もお伝えします。それでは、早速HOME L02の新機能スペックを見ていきましょう。

WiMAXの最新ホームルーターHOME L02!気になるそのスペックは?

2019年1月、WiMAXから最新ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L02が発売。
既に発売されているWiMAXのホームルーターと比較すると、新機種HOME L02は、なにより速度が大幅に向上。新機能も多数搭載しました。

それでは、どんな機能が追加され、どれだけのスペックとなったのか。早速、新発売ホームルーターHOME L02の機能、スペックについて見ていきましょう。

ついに、HOME L02はギガ越え!ギガスピードで高画質動画も快適に楽しめる

冒頭でご紹介したように、WiMAXから新発売されるホームルーターHOME L02は、下り最大速度1,237Mbps(約1.2Gbps)でギガ越えとなりました!

コンセントに繋ぐだけのホームルーターも、光回線などの固定回線並の速度で通信可能となります。

この速度であれば、通常の動画はもちろんのこと、4Kなどによる高画質動画も快適に。今まで難しかった、リアルタイムのオンラインゲームも問題なくできる速度と言えます。

上記でお伝えした、最大速度約1.2GbpsはLANケーブルで有線接続した場合ですが、WiFi接続であっても、下り最大867Mbpsという業界最速を実現

今回新発売のHOME L02は、既に高速と言われていたWiMAX2+回線を、さらに高速で利用することを可能にしました。


※一部エリアで提供。ハイスピードプラスエリアモードをご利用時。また、エリア内であっても、お客様のご利用環境や回線状況、接続状況によって大幅に低下する場合があります。

360度全方位カバーする4本の高感度アンテナを搭載

HOME L02は、ルーターの内部に、4本の高感度アンテナを配置。

360度全方位カバーすることで、今まで繋がりにくかったという場所でも、しっかりと電波をキャッチすることができます

そして、WiMAXのホームルーターお馴染みの円筒形の形状は、シンプルでスタイリッシュであることと同時に、アンテナ性能の向上にも適しています。

狙って電波を送るWiFi TXビームフォーミング対応で安定性と通信速度が向上

HOME L02は、HUAWEI製のホームルーターでは初めて、WiFi TXビームフォーミング機能に対応!スマホやパソコンなどのWiFi機器の位置を検知し、狙って電波を送信するすることで、通信の安定性と速度が向上しました。

既に発売済のホームルーター、L01Sと比較するとWiFi受信速度は約30%向上しています。

ただし、スマホなどのWiFi機器も、ビームフォーミングに対応している必要があります。対応機種は、以下の通りです。
対応機種例(一部)
apple(アップル) iPhone6以降
Samsung(サムスン) SCL22以降
Sony SOV33以降
Sharp SHV32以降
※端末メーカーでの測定環境による結果。お客様のご利用環境、回線状況、機器の能力によって受信速度は変化します。

HUAWEI HiLink(スマホアプリ)でアプリから簡単操作!

HOME L02に同梱されている、はじめてガイドのQRコードから、HUAWEI HiLinkというスマホアプリをダウンロードすることができます。このアプリを使うことで、簡単にHOME L02の状態の確認や、新機能の操作が可能。

HUAWEI製ホームルーターでは、HOME L02から搭載される新機能「通信モード自動切換」や「ベストポジション」「5GHz優先機能」も、このHUAWEI HiLinkから操作することができるようになります。

HOME L02の完全新機能!通信モード自動切替機能で速度制限の心配は不要!

HOME L02では、新機能「通信モード自動切換え機能」を搭載。

目標データ量に達した時点で、自動的に月間7GBの制限があるハイスピードプラスエリアモードから月間データ容量無制限のハイスピードモードに、自動で切り替えが可能となります。

設定の手順も簡単。例えば、月間5GBまでという設定をすることでハイスピードプラスエリアモードで5GB使った場合に、ハイスピードモードに自動で切り替わるという機能になっています。

そのため、ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上使ってしまい、気付かないうちに速度制限になってしまう心配は必要ありません。

また、月間データ容量無制限だと思っていたのに、知らぬ間にハイスピードプラスエリアモードに切り替わっていて速度制限になってしまうということも、最新機種HOME L02からは、一切なくなるでしょう!

電波の良い場所を自ら探し出す、ベストポジション機能!

HOME L02では、電波の良い場所を探し出すベストポジション機能を搭載。

最も良い通信環境でご利用頂くため、HOME L02では電波レベルを13段階(0から12)で表示することができます。

ご自宅の中で、どの場所が最も電波が入りやすいのか、HOME L02がベストな置き場所を見つけ出してくれます。このベストポジション機能も、HOME L02からの完全最新機能です。

5GHz優先接続機能

さらにHOME L02には、5GHz優先接続機能が搭載されています。2.4GHzと5GHzに対応したWiFi接続機器に対して、電波レベルをHOME L02が自動で判断し、5GHzを優先的に接続!

5GHzの電波は通信範囲が狭いというデメリットを持つ分、2.4GHzと比較すると、高速かつ電波の干渉を受けにくいというメリットを持ちます。

そのため、5GHzの電波レベルが良い場合は、電波干渉による通信品質の低下が発生しにくい5GHzを優先的に接続することで、HOME L02の受信速度を向上させることができるのです。
電波 メリット デメリット
5GHz ・通信速度
が速い
・電波干渉する
機器が少ない
・通信範囲
が狭い
・遮蔽物に弱い
2.4GHz ・通信範囲
が広い
・遮蔽物に強い
・対応機器
が多い
・規格が古く
速度が劣る
・電波干渉する
機器が多い

WiFi設定お引越し機能で、らくらく端末切替!

これまで、WiMAXのモバイルルーターでサポートしていたお引越し機能を、ホームルーターHOME L02も対応しました。

この機能で、これまで使っていたWiFiルーターから、HOME L02へWiFi接続情報を引き継ぐことが可能となります。そのため、ルーターを切り替えた後も、スマホやパソコンでの再設定をせず、HOME L02に接続することが可能です。

ボタン操作・LED表示

これまでのWiMAXホームルーターHOME L01では、「WPSボタン」と「Modeボタン」を同時押しすることで、ソフトウェアのアップデートを行ってきましたが、HOME L02からは新たにアップデートボタンが追加されました。これにより、1つのボタンで全ての操作を完了することができます。

また、お客様のデータ利用料が設定したデータ量を超えた場合に通知するランプ「Data Usage」も追加。

通信モード自動切替機能と併せて使えば、ハイスピードプラスエリアモードの速度制限で悩むことは、今後一切なくなりそうですね!

最後に、HOME L02の基本スペックに関してまとめますので、ご参考にしてみて下さい。
商品名 Speed Wi-Fi HOME L02
製造元 HUAWEI
TECHNOLOGIES CO.LTD
寸法/質量 約W93×D93×H178(mm)/
約436g
動作周囲 動作周囲温度範囲:
0℃~40℃
動作周囲湿度範囲:
5%~90%
電源 AC100~240V
 50/60Hz DC12V
同時接続台数 最大42台(LANポート2台、
2.4GHz:20台、
5GHz:20台)
通信モード ハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/FD-LTE)
WiFi規格 802.11a/b/g/n/ac
対応OS Windows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS X 10.9/10.10/10.11/10.12/10.13/10.14
その他 ACアダプタ同梱

HUAWEI製で新旧比較!最新機種HOME L02とL01、L01sを比較

ここまでは、WiMAXの最新ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L02の新機能、スペックを見てきました。

それでは、このHOME L02は既に発売しているホームルーターと比較し、どれだけ進化したのか。ここからは、新機種HOME L02と既に発売済の機種を、それぞれ比較していきたいと思います。

まずは、同じHUAWEIから発売されているL01s、L01との比較を見ていきましょう。


2019年春モデルSpeed Wi-FiHOME L02 2017年秋冬モデルSpeed Wi-Fi HOME L01s 2017年春モデルSpeed Wi-Fi HOME L01s
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 93×178×93(mm) 93×180×93(mm) 93×180×93(mm)
重量 436g 450g 493g
LED 4つ(WAN/
Mode/
Update/
Status/
DataUsage)
3つ(WAN/
Mode/
Update/
Status
3つ(WAN/
Mode/
Update/
Status
ボタン 4つ(Mode/
WPS/
Update/
Reset)
3つ(Mode/
WPS/
Reset)
3つ(Mode/
WPS/
Reset)
SIM au Nano I
IC CARD 04LTE
au Nano I
IC CARD 04LTE
au Micro
IC Card(LTE)
通信速度(下り/
上り)
1,237/75
(Mbps)
440/37.5
(Mbps)
440/37.5
(Mbps)
WiFi規格 IEEE802.11ac/11n/11a
(5GHz帯)11n/11g/11b
(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/11n/11a
(5GHz帯)11n/11g/11b
(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/11n/11a
(5GHz帯)11n/11g/11b
(2.4GHz帯)
同時接続
台数
40台 40台 40台
ビームフォーミング 対応
通信モード自動切替
機能
対応
WiFお引越し機能 対応
ベストポジション機能 対応
5GHz優先接続機能 対応

やはり、新機種HOME L02は「速度」と「新機能」という点が大きな変化と言えます。速度に関しては、2.5倍以上HOME L02の方が高速。また、新しく5つの機能も搭載されています。

HOME L02は「より高速で、繋がりやすい」を目指した新機種であることがわかります。

それでは、WiMAXのホームルーターの中でもHUAWEI製ではなくNEC製と比較するとどうでしょうか。次からは、最新機種HOME L02とNEC製ホームルーターを比較していきましょう。

最新機種HOME L02とNEC製WiMAX HOME 01を比較

ここまでは、製造メーカーの同じHuawei製のHOME L02とL01、L01sを比較しましたが、製造メーカーが違うホームルーターを比較するとどうなのでしょうか。

早速、WiMAXのホームルーター、最新機種HOME L02とNEC製WiMAX HOME 01の比較をしていきます。
2019年春モデルSpeed HOME L02 2018年冬モデルWiMAX HOME 01
本体サイズ
(幅×高さ×厚さ)
93×178×93
(mm)
70×155×100
(mm)
重量 436g 338g
LED 4つ(WAN/
ModeUpdate/
Status/
DataUsage)
3つ(WAN/
ModeUpdate/
Status
ボタン 4つ(Mode/WPS/
Update/Reset)
3つ(Mode/WPS/
Reset)
SIM au Nano I
IC CARD 04LTE
au Nano I
IC CARD 04LTE
通信速度
(下り/上り)
1,237/75
(Mbps)
440/75
(Mbps)
WiFi規格 IEEE802.11ac/11n/11a
(5GHz帯)11n/11g/11b
(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/11n/11a
(5GHz帯)11n/11g/11b
(2.4GHz帯)
同時接続台数 40台 22台
ビームフォーミング 対応 対応
通信モード自動切替機能 対応
WiFi
お引越し機能
対応 対応
ベスト
ポジション機能
対応
5GHz
優先接続機能
対応
いかがでしょうか。製造メーカーが違う分、HUAWEI製の新機種HOME L02とNEC製のHOME01では速度、そして同時接続台数にかなり大きな差があります。

ただし、どちらもHOME L02の圧勝。速度も同時接続台数も2倍以上の差があります。

今回新発売のHOME L02では、速度、機能共に今までの機種を圧倒。WiMAXのホームルーターの中では、今回発売されるHOME L02が最も高スペックであるということは間違いなさそうです!

どっちがおすすめ?最新機種HOME L02とW06を比較

実は、今回発売のHOMEL02と、同時に発売が発表された端末があります。それが、モバイルルーターのSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

W06もまた、HOME L02と同様、業界最速の下り最大約1.2Gbpsという超高速通信を可能としました。

また、モバイルルーターなので自由に持ち運びも可能。外出先や移動中も、インターネット通信をお楽しみ頂くことができます。

それでは、同時発表された新機種HOME L02とW06、どちらがおすすめなのでしょうか。速度と新機能に注目しながら、比較していきましょう。
Speed Wi-Fi HOME L02 Speed Wi-Fi NEXT W06
本体サイズ
(幅×高さ×厚さ)
93×178×93
(mm)
128×64×11.9
(mm)
重量 436g 125g
最大通信速度(下り/上り) 1,237/75
(Mbps)
1,237/75
(Mbps)
同時接続台数 40台 16台
WiFi TXビームフォーミング 対応 対応
通信モード
自動切替機能
対応 対応
ベストポジション機能 対応 対応
WiFi
お引越し機能
対応 対応
5GHz
有線接続機能
対応
今回、WiMAXから新発売されるHOME L02とW06の比較はいかがでしょうか。

速度、新機能どちらも大きな差はないと言えそうです。ただし、自宅用のホームルーターと、外出先でも利用できるモバイルルーターの比較となるため、同時接続台数に大きな違いはあります。

とはいえ、モバイルルーターのW06でも、接続可能台数は16台と充分な水準。となると、最新機種の比較の結果は、ご自宅、外出先どちらでも利用できるモバイルルーターW06の方が、同等のスペックで、利便性が高いためおすすめと言えます。

契約前に注意!新機種の落とし穴とは?

ここまでは、WiMAXの新ホームルーターでHOME L02と新モバイルルーターW06を比較してきました。

WiMAXの最新機種HOME L02もW06も、圧倒的なスペックだということは、おわかり頂けたかと思います。やはり、その中でも利便性の高いW06がおすすめです。

しかし、そんな最新機種も、契約前には注意が必要。以下2つの注意点について、ここからは解説していきます。
  • お使い頂く場所は、WiMAX2+回線のエリア内かどうか
  • 最新端末の実質負担料金はいくらか

WiMAX2+回線のエリア内かどうか

固定回線並みの高速化を果たしたWiMAXの新機種HOME L02とW06。工事不要で使えるにも関わらず、ギガ越えの速度というの非常に魅力的です。

しかし、最新機種HOME L02、W06どちらもWiMAX2+回線が通信エリア外であった場合、高速回線であろうとなかろうと、そもそも繋がらないという状態になってしまいます。

そのため、契約前に通信エリアを確認することが重要。HOME L02、W06の電波であるWiMAX2+回線のエリア内かどうかを調べる方法は、2種類です。

1つが、サービスエリアマップ、もしくはピンポイントエリア判定を使って確認する方法です。こちらの方法は、非常に簡単。以下のボタンから入って頂き、HOME L02をお使い頂く予定の場所を入れるだけです。

ただし、中には隣の家では使えなかったが、自分の家では使えたということもあります。

そのような場合のために、エリアを確認する方法の2つ目、端末レンタルがあります。実際に、端末をレンタルすることで、WiMAX2+回線のエリア内かどうかを契約前に確認することができます。

仮に使えないという場合でも、端末を返却するだけ。当サービスJPWiMAXであれば、1週間0円で端末をレンタルすることが可能です。

JPWiMAX以外にも、UQWiMAXがTRYWiMAXというサービスをしていますが、期間が15日と長め。エリア内かどうかを判断するには、長すぎる期間です。

また、端末の返却が1日でも遅れてしまうと、20,000円の違約金が必要。その点、JPWiMAXは何万円もする違約金ではなく、遅延損害金という形で対応させて頂いております。

そのため、「WiMAXの新機種HOME L02やW06の契約を検討しているがエリアに不安」という方は、気軽に始められる0円レンタルをおすすめします。

JPWiMAXの
0円レンタルはこちら
通信エリアの
ご確認はこちら


新機種HOME L02、W06を利用する際の実質負担料金はいくらなのか

実は、HOME L02、W06の場合、実際に皆さまが負担する料金が増えてしまう傾向にあります。

2019年春モデルとして、UQコミュニケーションズから発売のHOME L02とW06。今までのルーターと比較しても、スペック、機能ともに大幅に向上しました。

工事不要で固定回線並みの速度が出れば、HOME L02、W06の人気は間違いないでしょう。

しかし、そんな人気機種だからこそ注意が必要。HOME L02、W06のような最新機種の場合、少し高かったとしても契約者が殺到するため、通常の利用料金を少し高めに設定したり、機種代金がかかったりとお得に使うことができない場合が多いんです。

そのため、重要となるのはHOME L02、W06の機種代も含め、実際に自分が負担する料金を比較し、なるべく安い料金で契約するということ。

となると、新機種、旧機種どちらであっても同じ料金、キャンペーンを行っているプロバイダを見つけることがポイントです。そして新機種であっても、変わらない料金、キャンペーンを行っているのが、当サービスのJPWiMAXなんです。

JPWiMAXではHOME L02、W06どちらも最安料金で契約が可能。そのため、WiMAX史上最高スペックの最新機種L02、W06を、業界最安値で手に入れられるプロバイダとして、当サービスJPWiMAXをご紹介します。

最新機種を契約するならJPWiMAX!

JPWiMAXなら、新機種L02、W06であっても利用料金やキャンペーンに差は設けておりません。

もちろん、端末費用やその他の費用は一切なし。旧機種と同じ料金で最新機種を利用して頂くことができます。

さらに、JPWiMAXは「最速かつ確実なキャッシュバック」と「安心の月額料金割引」を同時に行う業界初のキャンペーンを実現。格安な実質負担料金で、W06を使って頂くことが可能なんです。

それでは、JPWiMAXの業界初のキャンペーンとは何か。そして、どれ程安いのかという点をここからは紹介していきます。

業界最速!確実に受け取れるキャッシュバック

JPWiMAXの業界初のキャンペーンの1つ目は、最速かつ確実に受け取ることができるギフト券10,000円分のキャッシュバックです。

WiMAXプロバイダの間では、このキャッシュバックは意外と多いキャンペーン。中には、何万円も受け取ることができる高額キャッシュバックも用意されています。

その理由は、お得そうに見せることができるため。

「お得そう」と敢えて言ったのには、理由があります。それは、受け取ることができれば最安値となる高額キャッシュバックも、受け取れなければ最も負担額が高額になるんです。そして、高額キャッシュバックに限って、その受け取り方法が複雑。 上記のような理由で、受け取れなかったという方が実際に多くいらっしゃるんです。

そこで、JPWiMAXは「確実」そして「最速」のキャッシュバックを実現!

複雑な申請手続きは一切不要、端末が届き次第すぐに申請URLからお申込み頂くだけで、キャッシュバックを受け取ることができます。もちろん、契約期間中であれば、いつでもお申込みが可能となっています。

JPWiMAXなら、簡単な手続きで「確実に」、端末が届き次第「すぐ」キャッシュバックを受け取って頂くことが可能となっています。

毎月安心にお得!月額料金割引!

さらに、キャッシュバックだけでなく、JPWiMAXでは毎月100%お得な月額料金割引もご用意。

最新機種L02、W06であっても、同様の割引となります。キャッシュバックのお得感に加えて、毎月割引料金でL02、W06を利用して頂くことができるんです。 その月額料金は以下の通り。
JPWiMAXのギガ放題プラン
「3年間ずーっと割」(通常料金4,880円)
最初の3ヶ月 月額2,800円
24ヶ月目まで 月額3,500円
25ヶ月目以降 月額4,100円

ここまで紹介した「最速かつ確実なキャッシュバック」と「安心の月額料金割引」を実現したJPWiMAXは、最安値で最新機種L02、W06を契約して頂くことが可能です。

それでは、実際にJPWiMAXは最安値なのか。JPWiMAXの実質負担料を「高額キャッシュバックのみの料金プラン例」と「月額料金割引のみの料金プラン例」とで比較しました。
キャッシュバックと月額料金割引のプラン例と
JPWiMAXを比較
キャッシュバック
キャンペーンの
WiMAX料金例
3ヶ月間:3,609円/
それ以降:4,263円/
キャッシュバック金額30,000円
実質月額料金:3,500円
月額料金割引の
WiMAX料金例
3か月間:料金2,726円/
~24ヶ月目:3,411円
それ以降:4,011円/
実質月額料金:3,641円
限定キャンペーン】
JPWiMAX
【月額料金3年間ず~っと割引】
3か月間 2,800円/
~24ヶ月目:3,500円
24か月目以降:4,100円/
Amazonギフト券10,000円分
実質月額料金:3.465円
※実質平均月額とは、総額料金÷契約月数を計算した、実際に負担する料金の平均です。
※契約期間は、WiMAXの一般的な契約期間「3年契約」にて計算しております。

いかがでしょうか。JPWiMAXの業界初のキャンペーンを使えば、最新機種L02、W06どちらも業界最安値で契約できるということがおわかり頂けたのではないかと思います。

WiMAXの最新機種L02、W06を、最安料金で契約したいという方は、是非JPWiMAXをご検討頂ければ幸いです。


期間限定キャンペーン中!
JPWiMAXの詳細を見てみる



関連記事

  1. 法人でもワイマックスがおすすめ!契約前に知っておきたい情報を徹底解説!

    WiMAX基本情報

    法人でWiMAXを契約する際に必ず知っておきたい豆知識

    法人契約こそWiMAXがおすすめ!法人WiMAX(ワイマックス)を契約…

  2. ワイマックスノハイスピードプラスエリアモードを徹底解説!

    WiMAX基本情報

    ハイスピードプラスエリアモードは7GBで通信制限?注意点を解説!

    WiMAXルーターの最速通信モード!ハイスピードプラスエリアモードのメ…

  3. ワイマックスツープラスとは?旧回線と徹底比較

    WiMAX基本情報

    WiMAXとWiMAX2+の違いとは?速度や通信エリアを比較解説!

    こんにちは!JPWiMAX運営事務局です。当ページでは、皆様が感じる以…

  4. ワイマックスはデータ通信量制限なしで使い放題!?

    WiMAX基本情報

    WiMAXで「本当に無制限」はない!?使い放題かどうか徹底調査!

    無制限にデータ容量を使いたい!そんな方にこそWiMAXがおすすめ!…

  5. ポケットWiFiで注目のワイマックス徹底解説

    WiMAX基本情報

    WiFiと違うの?WiMAXとは何か、メリットから最新情報まで紹介

    このページをご覧頂いている方の中には、ポケットWiFiの契約を検討して…

  6. ワイマックスツープラス回線の通信エリアはどう?速度と併せて徹底解説!

    WiMAX基本情報

    30,000基地局突破!拡大中のWiMAX2+回線の通信エリアを徹底解説!

    延べ30,000基地局突破!2020年3月完全移行の超高速WiMAX(…

【最新】0円レンタル始めました!

「契約したいけど、ちょっと不安」
「使ってみて圏外だったらどうしよう」
など。WiMAXをご契約前にお悩みの方へ
まずは1度使ってから決められる
JPWiMAX限定の1週間0円レンタルです。
今すぐ詳細へ

WiMAXのご契約に関して

WiMAX(ワイマックス)のエリアについて
JPWiMAXお申し込みフロー
初期契約解除制度について
WiMAX(ワイマックス)を徹底比較

関連省庁

JPWiMAXのキャンペーンが業界最安No.1に取り上げられました

お申し込み・お問い合わせ

24時間受付中
業界初!Amazonギフト券×月額料金割引
限定キャンペーンでWiMAXを申し込む  
※ 個人で複数台申し込みを希望の方は1度お問い合わせください。尚、ご契約後は台数分、ギフト券をお受け取りいただけます。

業界最安No.1に取り上げられました

お申し込み・お問い合わせ

24時間受付中
Amazonギフト券×月額料金割引
業界初の限定キャンペーンで
WiMAXを申し込む  
※ 個人で複数台申し込みを希望の方は1度お問い合わせください。尚、ご契約後は台数分、ギフト券をお受け取りいただけます。

ご注意事項

※ お申し込み完了メールのお受け取り、ギフト券のお受け取りのために、メールの受信設定をされている方は「jpwimax.jp@1onepiece.jp」からの受け取りができるようにしてください。
※ ネットワーク混雑回避のため、直近3日間での利用容量が10GBに達した場合、翌日18時頃~翌々日2時頃(約6時間)にかけて通信速度を概ね1Mbpsに制限します。
※ お申し込み初月の月額料金は日割り計算にて請求いたします。
※ 別途、契約事務手数料が3,000円(税抜)かかります。
※ お申し込み初月の月額料金は端末発送日からの日割り計算にて請求いたします。
※ 初回ご請求時に契約事務手数料・初月月額料金をご請求させていただきます。
※ 領収書はクレジットカードでお支払いになるため、カード会社発行のご利用代金明細書が正式な領収書になります。なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。
※ お申し込みメールアドレスの不備、受信拒否設定、メール振分け設定など、何らかの理由で、キャンペーンのご案内を行っているお申し込み完了メールがお受け取り出来ない場合、メール相談窓口にお問い合わせくださいませ。1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。
※ 個人のお客様で複数台お申し込みの場合、一度お問い合わせくださいませ。
※ 初期費用と初月のお支払いは発送時に請求となります。以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。