ジェーピーワイマックスロゴ

WEBお問い合わせ  24時間受付中
電話相談はこちら  0120-545-618

WEB申込み   menu

おすすめのポケットワイファイを比較!無制限かつ高速で安く使うならこれ!

ポケットWiFi関連情報

おすすめのポケットワイファイをご紹介!主要各社を徹底比較!
~2019年11月5日更新~

ポケットWiFi主要5回線を徹底比較!
最新のおすすめNo.1はWiMAXで間違いなし!

当ページでは、最新のおすすめポケットWiFi情報について比較しながら徹底解説します。主に、下記のお悩みをお持ちの方におすすめの内容となっています。

「ポケットWiFiの種類が多すぎて選べない」
「他社としっかり比較しておすすめを知りたい」

そんなあなたに、朗報です!実は、おすすめのポケットWiFiは、比較するポイントさえわかれば非常に簡単に選ぶことができるんです!そのポイントは、以下の4点。
  • 通信エリア
  • 通信速度
  • データ容量
  • 月額料金
一見、種類も多く、比較ポイントも複雑そうなポケットWiFiですが、上記の4点を比較するだけで、高速、大容量、そして安い料金のおすすめNo.1ポケットWiFiを見つけて頂くことができます!

世界最大のWiFiコミュニティFONが運営する当サービスだからこそわかる、2019年の最新情報をもとに本当におすすめのポケットWiFiをご紹介していきます。

また最後には、ご存知ない方も多い、おすすめポケットWiFiのお得な最新キャンペーン情報も掲載しております。ポケットWiFiの契約を検討しているという方は、必見です。

【2019年11月最新おすすめ】無制限で格安のポケットWiFiはWiMAX!

ポケットWiFiサービスと言っても、誰もが知っている大手通信会社から、格安SIMと言われるサービスを提供する企業まで、多くの種類のサービスが存在します。

そんな中、やはり安心感も抜群でおすすめとなるのが、安定した通信が可能である大手通信会社が提供するポケットWiFiです。

ポケットWiFiを契約したいけど選び方がわからない
何社か比較して、おすすめのポケットWiFiを契約したい
そのような方も、ご安心下さい!ここからは、安定した通信が可能なポケットWiFiを提供する、主要5回線を徹底比較します。

冒頭でお伝えした4点を比較し、あなたにとっておすすめとなるポケットWiFiをご紹介していきます。 早速、おすすめのポケットWiFiを確かめるべく、各社の比較を見ていきましょう。
おすすめを見る前に豆知識!
そもそもポケットWiFiとは?

ポケットWiFiサービスとは、モバイルWiFiルーターを使って、自宅、外出先どこでもインターネットを利用することができるサービスです。

意外と知られていないことが多いんですが、ポケットWiFiは、モバイルWiFiというのが正式名称なんです。ポケットWiFiという言葉は、元々ワイモバイルの商標でした。しかし、現在では「モバイルWiFi=ポケットWiFi」という名称が一般化されています。

そのため、当ページでも、皆様にわかりやすいようポケットWiFiと呼んでいきます。

快適で安い!ポケットWiFiのおすすめはWiMAX!

おすすめのポケットWiFiを今すぐ知りたいという方に向けて、早速結論からお伝えします。 主要5回線を比較した結果、最もおすすめのポケットWiFiは、

ずばり、WiMAXです!


数あるポケットWiFiの中でも、WiMAXをおすすめする理由は以下の4点です。
  • 通信エリアも問題なし、全国基30,000基地局突破!さらに、日々拡大中!
  • ポケットWiFi業界で初めて、固定回線並みの速度1Gbpsを超えた、ギガ超え高速通信を実現!
  • 高速ポケットWiFiでは2社のみ、月間データ容量無制限!
  • 圧倒的に安い月額料金
このポイントについて、ここからは実際にポケットWiFiを提供する、主要5回線を比較した一覧表をご覧頂きたいと思います。

WiMAXのおすすめNo.1を
今すぐ見てみる


ポケットWiFi主要5回線を比較!

まずは、まとめてポケットWiFiサービスを提供する主要5回線を比較してみました。その比較表は、以下の通り。                                        
ポケットWiFiおすすめランキング
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
【1位】
WiMAX
通信エリア
順次拡大中
最大1,237Mbps
(au 4G LTE利用時)
無制限 実質月額3.465円
【2位】
au※
通信エリア
順次拡大中
最大1,237Mbps
(au 4G LTE利用時)
無制限 実質月額4,650円
【3位】
ワイ
モバ
イル
無制限オプション
のエリアが狭い
最大988Mbps 無制限 実質月額4,819円
【4位】
ドコモ
抜群の通信網 最大1,288Mbps 月間30GB 実質月額10,287円
【5位】
ソフトバンク
安定した通信網 最大988Mbps 月間50GB 実質月額8,780円
※auはWiMAXのポケットWiFiと同様のWiMAX回線を利用。
                                           
ポケットWiFiおすすめランキング
【第1位】WiMAX
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
通信エリア
順次拡大中
最大1,237Mbps
(au 4G LTE
利用時)
無制限 実質月額3.465円
【第2位】au※
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
通信エリア
順次拡大中
最大1,237Mbps
(au 4G LTE利用時)
無制限 実質月額4,650円
※auはWiMAXのポケットWiFiと同様。
【第3位】ワイモバイル
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
無制限
オプション
のエリア
が狭い
最大988Mbps 無制限 実質月額4,819円
【第4位】ドコモ
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
抜群の通信網 最大1,288Mbps 月間30GB 実質月額10,287円
【第5位】ソフトバンク
通信
エリア
通信
速度
データ
容量
料金
安定した
通信網
最大988Mbps 月間50GB 実質月額8,780円
※auはWiMAXのポケットWiFiと同様のWiMAX回線を利用。

大手ということもあり、どのポケットWiFiも通信速度、通信エリアに関しては、大きな差はなく、問題なく利用できます。

逆に、月間のデータ容量と月々の料金に関しては、大手通信会社であっても大きな差が出るため、おすすめのポケットWiFiを選ぶ重要なポイント

上記ランキングの通り、5回線のポケットWiFiを4つのポイントから比較した結果、WiMAXが最もおすすめとなりました。

何よりも決め手となるのが、各社で大きな違いが出る「月間のデータ容量が無制限」かつ「安い料金」であること。 ここからは本当にWiMAXが最もおすすめなのかを確かめるべく、各要素ごと具体的に各社のポケットWiFiを比較していきます。


※クリックすると各情報に飛べます。1つ1つ見たい方はそのままお進みください。
また、今すぐWiMAXの最安値プロバイダを知りたいという方はこちらへ。



電波は繋がる?ポケットWiFiの通信エリア比較

ポケットWiFiを契約する上で、「料金」「通信エリア」「速度」など、人によって最も重要視するポイントは様々だと思います。しかし、最初に確認するべきは、間違いなくポケットWiFiの通信エリアです。
ポケットWiFi最安料金でおすすめ!
他社と比較しても高速通信が可能でおすすめ!
などと言われても、そもそもポケットWiFiを使う場所が通信エリア外で繋がらないのでは、元も子もありません。

そこでまずは、おすすめのポケットWiFiを契約する上で、最低条件となる通信エリアの比較を見ていきましょう。

通信エリアを比較!やはり大手通信キャリアは強いのか?

まず、ポケットWiFi主要5回線の通信エリアをそれぞれ確認していきます。それぞれの通信エリアは以下の通りです。

ポケットWiFi主要5回線の通信エリアを比較

参照:WiMAX公式サイト:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/
ワイモバイル公式サイト https://www.ymobile.jp/area/?ref=gnav
ドコモ公式サイト https://www.nttdocomo.co.jp/area/?icid=CRP_menu_to_CRP_ARE
ソフトバンク公式サイト https://www.softbank.jp/mobile/network/area/


上記では、関東圏の通信エリアの画像を比較していますが、どのキャリアのポケットWiFiも基本的には広範囲でインターネット通信が可能。 山間部などの例外はありますが、全国各地でポケットWiFiを利用することができます。

特にドコモやソフトバンクの4G LTE回線は、ポケットWiFiであってもスマホや携帯と同じく安定した回線となっています。

その4G LTE回線が使う電波の周波数帯は、プラチナバンドという名前が付く程、安定的。広範囲で安定的な通信エリアというのは、大手キャリアのポケットWiFiならではのポイントです。

もちろん、おすすめのWiMAXが提供する、WiMAX2+回線も負けてはいません。現在、主要都市の99%以上の通信エリアはカバーしており、2017年には基地局が30,000局を突破するなど、日々通信エリアを拡大しています。

とはいえ、現在の通信エリアは、ドコモやソフトバンクのポケットWiFiの方がWiMAX2+よりも広範囲ということも事実。旅行や出張など、持ち運びできるポケットWiFiということも考えれば、通信エリアに関しては、ドコモ、ソフトバンクの方が様々な場所で利用できると言えます。

WiMAXも安心!au 4G LTE回線が使えるハイスピードプラスエリアモード!

大手のポケットWiFi同士で比較した場合に、WiMAXの通信エリアが見劣りしてしまうのは事実です。しかし、WiMAXには通信エリアを補うモードもあります。それが、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードです。 

ハイスピードプラスエリアモードとは、高速、広範囲のインターネット通信を可能とする、auの4G LTE回線を利用できるモードのこと。そして、使い方も非常に簡単。WiMAXの端末から、タッチ操作でモードを変更するのみなんです。 

WiMAXのメイン回線であるWiMAX2+にau 4G LTE回線を組み合わせることで、大手通信キャリアのポケットWiFiと変わらない通信エリアでご利用頂くことが可能です。

また、その際の通信速度も非常に高速。後程詳しくお話しますが、なんと、ポケットWiFi業界で初めて一般的な固定回線の速度である1Gbpsを上回るギガ超えの速度となっています。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードには注意点も

ハイスピードプラスエリアモードで気を付けなくてはいけないのが、データ容量です。WiMAXの契約者は、約9割がギガ放題プランという月間データ容量無制限のプランを契約します。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードで、月間7GB以上のデータ通信を行った場合には、無制限のWiMAXも、該当月は速度制限となってしまいます。そして、その速度制限の速度も、128Kbpsと、多くのスマホやポケットWiFiで速度制限になってしまった場合と、同程度の速度。

非常に便利なハイスピードプラスエリアモードですが、この月間7GBのデータ容量を超えないよう、ご利用後はすぐに通常のハイスピードモードへ切り替えることをおすすめします。

しかし、最新機種W06なら・・・

2019年1月発売のWiMAXの最新モバイルWiFiルーターW06では、通信モード自動切替機能を搭載。

万一、モード切り替えを忘れてしまったとしても、安心です。前もってデータ容量の上限を設定することで、規定データ量に到達した時点で、通常のハイスピードモードへ自動切り替えが可能に。

この機能で、注意が必要と言われていた、ハイスピードプラスエリアモードも非常に利用しやすくなりました。そんなWiMAXの最新機種W06の詳細はこちらをご覧ください。



高速にインターネットを使うならどこがおすすめ?通信速度を比較!

ここまでは、ポケットWiFiを選ぶ上での最低条件とも言える通信エリアを比較しました。 

そして、ここからはポケットWiFiの2つ目の比較ポイント、通信速度を比較していきます通信速度に関しても、ポケットWiFiが繋がらない、遅いという原因となるため、選ぶ際には重要となるポイントです。

それでは、早速、各社のポケットWiFiの通信速度について比較していきしょう。

※ポケットWiFiの速度比較に関しては、インターネット検索や動画の視聴などのインターネット通信を行う際の指標となる「下り通信」で比較します。



最新ポケットWiFiルーターの最大速度を比較

まずは、ポケットWiFi主要5回線の最大速度を比較します。具体的な通信速度と併せて、動画を視聴する際に必要となる通信速度の目安も掲載しております。気になるという方は、ご参考にして下さい。
下り最大速度
WiMAX
(auも同様)
1,237Mbps
(au 4G LTE回線利用時)
Y!mobile
(ワイモバイル)
988Mbps
docomo
(ドコモ)
1,288Mbps
Softbank
(ソフトバンク)
988Mbps

↓クリックすると詳細が見れます↓

▼Youtube視聴の速度目安▼
Youtube(通常画質) 1Mbps
Youtube(高画質)2Mbps
Youtube(超高画質)3~5Mbps

上記の通り、ポケットWiFiサービスの速度に関しては、ドコモのポケットWiFiが最も速い回線、次いでWiMAXという結果になりました。前述した通り、「auひかり」「ドコモ光」「ソフトバンク光」など、ご自宅で工事が必要な定回線にも、ドコモ、WiMAXのポケットWiFiは引けを取らない、ギガ超えの速度となっています。

auでポケットWiFiを契約した場合も、使う回線はWiMAX2+のためWiMAXのポケットWiFiと結果は同じです。

とはいえ、ポケットWiFiに限ったことではありませんが、最大通信速度というのは、あくまで理論上の数値ベストエフォート方式という、通信環境が最も良い場合に出るとされている速度となっています。つまり、回線の混雑状況や通信環境によって、実際の通信速度である実測値は変わってくるため、参考の1つとして、最大速度は覚えておきましょう。

それでは、実際に必要な通信速度はどれくらいなのでしょうか。実は、実測値に関しては、1Mbps以上の速度があれば、インターネット通信には、充分過ぎる速度なんです。Youtubeなどの動画でさえ、通常画質であれば、1Mbpsの速度で視聴可能です。

つまり、どの通信会社もポケットWiFiの速度に関しては、非常に高速で通常のインターネット通信には全く問題のない速度ということになります。

それじゃあ、速度を知る必要ってあるの?
そもそも、各社のポケットWiFiを比較する必要ないじゃん!
上記の様に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、ポケットWiFiの速度を比較する上で、もう1つ重要な速度があるんです。それが、速度制限時の速度です。次からは、その速度制限となった場合の速度について、各社ポケットWiFiを比較していきます。

無制限でインターネット通信は無理?速度制限について比較

皆さんも、iPhoneなどのスマホなどで、1度は速度制限を経験したことがあるのではないでしょうか。

動画の視聴はもちろん、インターネット検索、メールの送信すらスムーズに利用できなくなってしまい、非常に不便ですよね。速度制限に関しては、ポケットWiFiも例外ではありません。各社、どのポケットWiFiも、あらかじめ決められたデータ容量以上を利用してしまうと速度制限となってしまうんです。

そのため、速度制限に関しては、以下の2点をしっかり比較しましょう。
  • 月間のデータ容量
  • 速度制限時の速度
ポケットWiFiサービスを提供する主要5回線の、上記ポイントについて見ていきたいと思います。
月間容量 速度制限時の速度 期間
WiMAX
(auも同様)
無制限
(3日10GB)
1Mbps 翌18時~翌々2時
(約8時間)
ワイ
モバイル
無制限
(3日10GB)
1Mbps 翌18時~翌々2時
(約7時間)
ドコモ 30GB 128Kbps 月末まで
ソフト
バンク
50GB
(ウルトラ
ギガモンスタ―+)
128Kbps 月末まで

ご覧頂きました通り、速度制限時の速度は、非常に大きな差が出ました。前述した2つのポイントについて、それぞれ見ていきます。
月間のデータ容量

まずポイントの1つ目が、月間のデータ容量です。

WiMAX、au、ワイモバイルの3社は月間のデータ容量に制限がありません。ただし、3日間で10GB以上のデータ容量を使った場合のみ、翌日の18時からWiMAXで8時間、ワイモバイルで7時間の速度制限となってしまいます。

とはいえ、速度制限も一時的で、月間のデータ容量制限がないというのがポイントです。 一方、ソフトバンクとドコモに関しては、月間のデータ容量に制限があります。もちろん、月間利用可能なデータ容量が増えれば増えるほど、ポケットWiFiの利用料金も高くなっていく仕組み。つまり、「ポケットWiFiの利用料金を多く払えば、快適に使える」という条件がついてしまいます。

また、ソフトバンクとドコモのポケットWiFiは、1度速度制限になってしうと、期間は月末まで。たまたま、ポケットWiFiでデータ容量を多く使ってしまった場合に、通常速度のインターネット通信は、月末までお預けの状態となってしまう可能性もあります。

そのため、ポケットWiFiを選ぶのであれば、月間データ容量の制限のないポケットWiFiがおすすめです。



速度制限時の速度

比較のポイント2つ目は、速度制限時の速度。

データ容量を無制限利用できるWiMAX、au、ワイモバイルのポケットWiFiに関しては、速度制限時の速度は1Mbps。

最大速度の比較でもお話した通り、1Mbpsであれば、動画視聴もできるほどの速度。また、その速度制限も短期間で済むというのが、おすすめの理由の1つです。

一方、月間のデータ容量の制限があるソフトバンクとドコモのポケットWiFiの場合は、月末まで速度制限が続くのはもちろんのこと、その際の速度は128Mbps。

ポケットWiFiであっても、普段皆さんが、スマホや携帯で速度制限になってしまった場合の速度と同程度の速度となってしまいます。

そうであれば、速度制限になってしまっても、制限が緩いWiMAX、au、ワイモバイルのポケットWiFiがおすすめと言えます。


最後に、今までお話した通信速度の比較をまとめます。
  • 主要通信会社であれば最大速度は大きな違いはない
  • 比較するべきは、速度制限になってしまった場合
  • おすすめは、無制限に利用できるポケットWiFi

それでは、最後に契約の決め手とも言える、ポケットWiFiの利用料金を比較していきましょう。

ポケットWiFiのデータ容量が、無制限と言われながらも、3日で10GBの制限があることに違和感を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、無制限利用できるポケットWiFiだからこそ、この制限は必要なんです。

この3日10GBという制限の本当の目的は、皆様に快適にインターネット通信を利用して頂くため。

どういうことなのか説明致します。ポケットWiFiのデータ容量が無制限だからといって、一部のヘビーユーザーが大量にインターネット通信を行った場合、どのような状況になるでしょうか。

その場合、一部のユーザーに電波の帯域を占有されてしまい、他の一般ユーザーまでもが非常に遅い、繋がりにくいといった状況となってしまうんです。

そのような自体を避け、皆様が平等にポケットWiFiを利用できるよう3日で10GBという制限が設けられています。

たしかに、大手キャリアの帯域を一部利用しているポケットWiFiサービスの中には、完全無制限がないわけではありません。

しかし、WiMAXと違い、利用できるのは一部の帯域であるため、高速通信できないだけでなく、サービス開始後に制限をかけるという可能性まであります。

実際に、完全無制限を謳っていたポケットWiFiサービスが、ユーザーの増加に伴い制限をかけたということが、今までに何度もありました。

その点を考えると、10GBというデータ容量はYoutubeなどの動画視聴で約47時間見る事ができる程の通信量。

皆さんが平等に実質無制限に高速データ通信を行うことができるのであれば、この3日間で10GBという制限も非常に緩いものと言えるのではないでしょうか。



どこが安い?ポケットWiFiサービスの利用料金

ここまで、各社のポケットWiFiの通信エリア、速度、そしてデータ容量を見てまいりました。しかし、いくらおすすめのポケットWiFiと言われても、皆さんが最後に必ずと言っていいほど、気にするのが、その料金なのではないでしょうか。

そこで最後に、契約前に気になるポケットWiFiの料金を比較します。各社、大容量使えるプランを契約した場合の料金で見ていきましょう。

おすすめのWiMAX

JPWiMAXのポケットWiFi
端末価格 0円
事務手数料 3,240円
月額料金 3,645円
【内訳】
■ギガ放題プラン
(月間無制限)
最初の3ヶ月:2,800円/
24ヶ月目まで:3,500円/
25ヶ月目以降:4,100円
キャッシュバック 10,000円
1年間の平均費用 39,312円
実質月額料金 3.465円
※3年間の料金を契約期間で割って、平均の料金で計算しています。

UQコミュニケーションズが提供するWiMAX。データ容量、通信速度も満足のサービス内容ですが、なにより、WiMAXがおすすめのポイントとなるのは、その安い料金。

今回は、当サービスJPWiMAXの料金を例に挙げましたが、他のプロバイダでも他社のポケットWiFiと比較した場合、WiMAXの利用料金は、非常にお得。WiMAXであれば、快適なインターネット通信を安い料金で利用することができるため、おすすめです。

また、JPWiMAXであれば上記にも記載の通り、キャッシュバックキャンペーン中!今ならAmazonギフト券10,000円分を受け取って頂くことが可能となっており、WiMAXのプロバイダでも最安値で契約できるプロバイダとなっています。

皆さんも気になるであろう、JPWiMAXの最安値キャンペーンについては、後ほど詳しくお話するので、ここでは料金比較を続けて見ていきます。

次に、同じWiMAX回線を使うauのポケットWiFiの料金を見ていきましょう。

au(エーユー)

auのポケットWiFi
端末価格 0円
事務手数料 3,240円
月額料金 4,380円
【内訳】
■WiMAX2+フラットfor DATA EX
(月間無制限)
1年間の平均費用 55,800円
実質月額料金 4,650円

WiMAX2+回線、機種、通信速度など全てWiMAXと同じポケットWiFiであるauですが、JPWiMAXと比較すると月額料金は1,000円近く高くなってしまいます。

速度制限、通信エリアが同じであれば、より安い料金であるJPWiMAXのポケットWiFiの方が、おすすめであることは一目瞭然ですね!

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットWiFi

ワイモバイルの実質月額料金
端末価格 41,400円
事務手数料 3,240円
月額料金 4,729円
【内訳】
■PocketWiFiプラン2
(さんねん):3,991円
■アドバンスオプション
(月間無制限):738円
■月額割引:1,150円
1年間の平均費用 57,828円
実質月額料金 4,819円

ワイモバイルのポケットWiFiの魅力はなんと言っても、データ容量が無制限であること。その点、WiMAXにも引けを取らないポケットWiFiです。 

しかし、WiMAXと比較すると、ワイモバイルのポケットWiFiの通信エリアや速度は、どうしても劣ってしまいます。 また、WiMAXの方が格段に安い料金となることもあり、おすすめのポケットWiFiがどちらかというのは明らかです。

ただし、ワイモバイルは、国内と海外どちらでも使えるポケットWiFiサービスも展開しています。そのため、海外でポケットWiFiを利用する可能性があるという方は、ワイモバイルのポケットWiFiがおすすめです。

docomo(ドコモ)のポケットWiFi

ドコモの実質月額料金
端末価格 25,920円
事務手数料 3,240円
月額料金 9,045円
【内訳】
■データプラン
(ルーター):1,296円
■インターネット
接続サービス:216円
■ウルトラデータ
LLパック(月間30GB):
8,640円
■月額割引:1,080円
1年間の平均費用 123,444円
実質月額料金 10,287円

ポケットWiFiサービスを提供する主要5回線の中では、最も高額となるのがドコモのポケットWiFiです。

月額料金割引があることで、2年間使い続ければ端末代金は無料となります。しかし、途中で解約する場合は、端末代金の残債が請求されるので注意が必要。

とはいえ、月額料金割引を含めても、最も高い料金であることに変わりはありません。

ご家族でポケットWiFiをご利用したいという方であれば、100GBのプランでデータ容量を分け合うシェアプランもありますが、無制限ではないこと、さらに料金が月額25,000円もかかってしまいます。

その点、ドコモのポケットWiFiは、どうしてもこだわりがあるという方以外は、おすすめできません。

Softbank(ソフトバンク)のポケットWiFi

ソフトバンクの実質月額料金
端末価格 42,480円
事務手数料 3,240円
月額料金 8,510円
【内訳】
■ウルトラギガモンスタ―+

(月間50GB):6,458円
■WiFiルータープラン:1,512円
■データシェアプラス:540円
■月額割引:1,180円
1年間の平均費用 105,360円
実質月額料金 8,780円

ソフトバンクのポケットWiFiも端末価格に関しては、月額割引があるため3年間で実質無料となります。

ソフトバンクの大容量プランとしては、特定のSNSや動画サービスの利用ではデータ容量が消費されないことで話題のウルトラギガモンスタ―+があります。 ウルトラギガモンスター+は、月間のデータ容量も50GBとかなりの容量ではあるものの、無制限ではないというのがおすすめできないポイント

たまたま、データ容量を使い過ぎてしまった場合には速度制限となってしまいます。

さらに、WiMAXと比較すれば、ソフトバンクのポケットWiFiの方が料金もかなり高くなってしまいます。 以上を考慮すると、SNSや動画がし放題のソフトバンクのポケットWiFiと比較しても、WiMAXがおすすめであることは変わりません。


最後に、ポケットWiFiの料金比較のまとめをご覧ください。

通信会社 データ容量 料金 1Gあたりの料金
WiMAX 3日10GB
(月間100GB)
3.465円 約32円
au 3日10GB
(月間100GB)
4,650円 約46円
ワイモバイル 3日10GB
(月間100GB)
4,819円 約48円
ドコモ 月間30GB 10,287円 約342円
ソフト
バンク
月間50GB 8,780円 約175円
※WiMAX、au、ワイモバイルの月間100GBとは、3日10GBの制限を1ヶ月で計算した目安

上記の通り、1GBあたりの料金で計算しても、WiMAXは最安値です。

ここまで一通りご覧頂いた結果、ポケットWiFiサービスの中では、「高速通信」「月間データ容量無制限」「安い料金」の3拍子揃ったWiMAXが最もおすすめということが、おわかり頂けたのではないでしょうか。

WiMAXを使うなら最新機種がはずせない!おすすめのルーターとは?

ここまで、各社ポケットWiFiを要素ごとに比較し、おすすめはどこなのかを見てまいりました。 比較の結果、やはりポケットWiFiのおすすめNo.1は、WiMAXで間違いありません。

ここからは、そんなおすすめのWiMAXを契約する上で、重要となる新端末の契約についてお話していきます。それでは、早速見ていきましょう。

WiMAXを契約するなら新端末がおすすめ!

おすすめのWiMAXを契約する上で、はずせないのが最新のポケットWiFiルーター端末です。

2019年1月に発売した最新機種W06では、ポケットWiFi業界で初めてギガ超えの最高速度となりました。さらに、多数の新機能も搭載され、今まで以上に便利で、使いやすい端末となっています。

もちろん、旧機種であっても、WiMAXのポケットWiFiがおすすめであることに変わりはないですが、どうせ使うのであれば、高機能の端末の方が皆様も良いはずです。 

ただし、おすすめのWiMAXの最新機種を契約する上で、注意しなければいけないことも。

それが、最新機種を契約した場合の利用料金です。最新機種ともなれば、旧機種と比較すると人気が集まることは必至。最新機種の方がおすすめではありますが、キャンペーンの適用金額が少なく、支払いが多くなってしまったり、キャンペーン自体が適用されなかったりという場合もあります。

そのため、WiMAXを契約する際には、最新機種であっても通常と変わらない料金のプロバイダで契約することがおすすめです。 WiMAXの最新機種W06の詳細に関しては、こちらをご覧下さい。

最安値を選ぶならキャンペーンを比較!

ポケットWiFiサービスでおすすめのWiMAX。実は、WiMAX回線を販売する代理店であるプロバイダは合計で20社以上もあるんです。

しかし、どのプロバイダで契約してもUQコミュニケーションズが提供するWiMAX回線であることは同じ。つまり、違うプロバイダであっても、通信速度や通信エリア、速度制限の条件は変わりません。

そのため、どのプロバイダと契約するのかというのは、WiMAX選びでは非常に重要な要素となります。 そこで、ここからはおすすめのWiMAXを契約する上で、重要となるプロバイダ選びのポイントをご紹介します。

キャンペーンを含めた実質負担料金で比較

WiMAXプロバイダは、サービス内容が同じである分、各社で独自のキャンペーンや特典をつけることにより他社と差別化を図っています。

そのため、WiMAXを契約するなら、キャンペーンも含めて、どれだけ自分が実際に料金を負担するのかを比較することで、本当におすすめのプロバイダを見つけることができます。 

そこでまずは、WiMAXプロバイダの実質負担料金を比較する準備として、各社どのようなキャンペーンが行われているのか確認していきましょう。

WiMAXのキャンペーンで大人気!高額キャッシュバック

WiMAXプロバイダで非常に人気となっているのが、キャッシュバックです。中には、数万円もプレゼントするプロバイダもあり、非常にお得なキャンペーンとなっています。

しかし、キャッシュバックには落とし穴も。お得に見える高額キャッシュバックも、ふたを開けてみれば、大半の方が受け取ることができていなかったんです。

その主な理由が、以下の3点です。
非常にお得感もあり、WiMAXの中でも人気のキャッシュバックキャンペーンですが、受け取れなかったのでは「キャッシュバックの料金=損をする金額」となってしまいます。

そのため、キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダと契約する際は、受け取り方法を事前に確認し、本当に受け取ることができるのかという点を見極めることが重要です。

2019年の最新トレンド?月額料金割引!

お得なキャッシュバックも受け取れないという口コミや評判が増えていることもあり、WiMAXキャンペーンの最新トレンドとなっているのが、月額料金割引です。

月額料金割引であれば、毎月の支払い料金から自動で割引されるため受け取れないという心配は必要ありません。

キャッシュバックと比較して、お得感には欠けてしまうものの、100%確実に毎月の支払いを減らすことができるという安心感もあり、今ではWiMAXキャンペーンの中でも、月額料金割引の人気が急上昇中です。

そして、このキャッシュバック」と「月額料金割引」を含めた、実質負担料金を比較してプロバイダを選ぶことがWiMAXを契約する上では欠かせません。

最後に、おすすめのWiMAXを最もお得に利用して頂くべく、実質負担料金が最安値の当サービス、JPWiMAXについてご紹介します。

WiMAXキャンペーンの
最新トレンドはこちら

JPWiMAXは、業界初のキャンペーンで最安値を実現!

前項でお伝えした、WiMAXプロバイダの重要ポイントを比較した上で、実質負担料金を最も安く抑えることができるのが、当サービスJPWiMAXです。

JPWiMAXは2018年4月に誕生した新プロバイダであるものの、WiMAX業界初のキャンペーンで最安値を実現しました。

  • 受け取りが最速のキャッシュバック
  • 100%安心の月額料金割引×キャッシュバックを同時実現!

ここからは、JPWiMAXの業界初と言われるキャンペーンの詳細についてご紹介。そして、JPWiMAXが本当に最安値なのか、他のWiMAXプロバイダの料金例と比較していきます。

そもそもJPWiMAXとは?

2018年4月からサービスを開始した、新プロバイダです。業界の中で、最も「安心して」「お得に」ご利用頂けるポケットWiFiサービスを目指し、誕生しました。

そのコンセプト通り、JPWiMAXはおすすめのWiMAXを安心して安い料金でご利用頂くことができます。

また、新プロバイダとは言え、運営会社は世界最大のWiFiコミュニティを持つFONジャパン。その点も、皆様から安心を頂けるポイントの1つとなっています。

安心して安い料金で、WiMAXをご利用したいという方は、1度JPWiMAXの詳細をご覧になってみて下さい。

JPWiMAXの詳細はこちら




受け取りが最速のキャッシュバック

JPWiMAXの1つ目の業界初は、業界最速のキャッシュバックです。

何が最速なのかと言うと、申し込みからキャッシュバックの受け取りまでの期間。JPWiMAXであれば、最短でお申し込み当日に10,000円分のAmazonギフト券を受け取って頂くことができます!

それでは、なぜJPWiMAXは最速のキャッシュバックキャンペーンを行うのか。それは、前述した通り、WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは、以下のような口コミや評判が増えているという実情が理由の1つです。
申し込んだが、受け取りを忘れてしまった
そもそも受け取りがいつか分からないまま終わってしまっていた
このような皆様の不安を払拭すべく、JPWiMAXは受け取りが最速かつ簡単なキャッシュバックにするため、以下の3点を実現しました。


JPWiMAXなら、お申し込み後、端末が届き次第キャッシュバックの申し込みが可能。もちろん、複雑な手続きは一切不要で、申請URLから簡単申し込みするだけです。 さらに、万一受け取りを忘れてしまっても大丈夫。契約期間中であれば、いつでもキャッシュバックの申請が可能となっています。

JPWiMAXなら、WiMAX業界の中でも、最速かつ安心して10,000円分のAmazonギフト券を受け取って頂くことが可能です!

確実にお得な月額料金割引 ×キャッシュバックの同時実現

JPWiMAXはキャッシュバックに加えて、現在のトレンドである100%確実に適用される月額料金割引もご用意させて頂きました。

JPWiMAXなら、契約期間である3年間は、毎月お得な料金でおすすめのWiMAXを利用して頂くことが可能です。もう1度、月額割引を適用した料金を見てみましょう。
JPWiMAXのギガ放題プラン
「3年間ずーっと割」(通常4,880円)
最初の3ヶ月 月額2,800円
24ヶ月目まで 月額3,500円
25ヶ月目以降 月額4,100円
割引額合計 36,480円
※割引額には、キャッシュバックは含まれておりません

上記の通り、JPWiMAXであれば、毎月お得な料金でおすすめのポケットWiFiサービスであるWiMAXを利用して頂くことができ、その上にキャッシュバック受け取って頂くことができるんです。

そして、この「月額料金割引」と「キャッシュバック」を同時実現したというのが、JPWiMAXが実現した2つ目の業界初のキャンペーンとなります。

おすすめの最新ルーターも変わらぬお得さ

もちろん、JPWiMAXなら前述したWiMAXの最新機種、W06であっても変わらぬキャンペーンをご提供中!

上記でお伝えした、Amazonギフト券でのキャッシュバック10,000円、毎月の月額料金割引もしっかり特典として適用可能です。

JPWiMAXなら、安心してお得に最新機種W06を契約して頂くことが可能となっています。最後に、このキャンペーンを含めた実質負担料金を、他WiMAXプロバイダと比較し、本当に最安値なのかを確認していきましょう。

各WiMAXプロバイダと料金を比較

本当にJPWiMAXがお得なの?
と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、本当にJPWiMAXは最安値なのか。実際に、「高額キャッシュバック」「月額料金割引」を行っているWiMAXプロバイダの中でも、最安級と言われるプロバイダの料金例と比較していきましょう。

キャッシュバックと月額料金割引のプラン例と
JPWiMAXを比較
キャッシュバック
キャンペーンの
WiMAX料金例
3ヶ月間:3,609円/それ以降:4,263円/
キャッシュバック金額30,000円
実質負担月額:3,500円
月額料金割引の
WiMAX料金例
3か月間:料金2,726円/
~24ヶ月目:3,411円
それ以降:4,011円/
実質負担月額:3,641円
限定キャンペーン】
JPWiMAX
【月額料金3年間ず~っと割引】
3か月間 2,800円/
~24ヶ月目:3,500円
24か月目以降:4,100円/
Amazonギフト券10,000円分
実質負担月額:3.465円
※実質平均月額とは、総額料金÷契約月数を計算した、実際に負担する料金の平均です。
※契約期間は、WiMAXの一般的な契約期間「3年契約」にて計算しております。
※参照URL:「BroadWiMAX公式サイト:https://wimax-broad.jp/」
※参照URL:「GMOとくとくBB公式サイト:https://gmobb.jp/」

実際に比較してみた所、やはり最安値はJPWiMAXという結果でした。おすすめポケットWiFiのWiMAXを利用するのであれば、最安値の当サービス、JPWiMAXをご検討下さい。
自分たちのサービスだからそう言っているだけでしょ!
本当は他にも安いプロバイダがあるんじゃないの?
と思われる方も、いらっしゃるでしょう。

しかし、当サービスJPWiMAXは、WiMAXキャンペーンを公式サイトの情報から比較しているWiMAXキャッシュバック.comにも、最安値No.1として掲載して頂きました。

WiMAX(ワイマックス)公式キャンペーン比較マップ~最安値No.1情報~
2018年に始まった新興プロバイダであるため、ご存知でない方も多いかもしれませんが、おすすめのWiMAXを最安値で契約したいという方は、是非当サービスJPWiMAXをご検討下さいませ。

おすすめNo.1!
JPWiMAXのお申し込みは
こちら


それでも不安という方!まずはお試し、WiMAXの端末0円レンタルがおすすめ

WiMAXがおすすめであることはわかったけど、実際にポケットWiFiを契約するとなると
お住いが通信エリア内かどうか不安・・・
1度実際に使って、繋がるか確かめたい
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、そのような方のために、おすすめのWiMAXを無料でお試しできるレンタルサービスについてご紹介します。

電波の接続を確認するには、無料レンタルが最適でおすすめ

レンタルサービスは、文字通りWiMAXのモバイルWiFiルーター端末を無料でお試しできるサービスです

ご自宅や外出先など、実際にお使いになる場所でWiMAXの電波は繋がるのか、端末の使い方はどうかを無料で確認することができます。

WiMAXのルーター端末を無料でレンタルする方法は、以下の2つ。
  • TRYWiMAX
  • JPWiMAXの機種0円レンタル
それぞれについて、ご紹介していきます。

UQWiMAXのTRYWiMAX

まず、1つ目がUQWiMAXが提供するTRYWiMAX

TRYWiMAXは、本家UQWiMAXが提供するレンタルサービスです。エリア確認には少し長めとなる15日間、無料でモバイルWiFiルーターをレンタルすることができます。

それだけ、長い期間レンタルできるなら、ご自宅などはもちろん様々な場所で繋がるかどうか、実際に使い心地をお試しできそうですよね。

しかし、そんなTRYWiMAXには注意点も端末の返却が1日でも遅れてしまうと、違約金として最低でも20,000円かかってしまいます。

さらに、15日の数え方も複雑。UQWiMAXから端末が発送された日を開始日に、返却分としてUQWiMAXへ端末が到着した日数で計算されます。

そのため、0円レンタルとは言え、少しでも手続きが遅れてしまうと20,000円の違約金を取られてしまいます。そのため、TRYWiMAXは15日間という長い期間、WiMAXの端末をレンタルすることができますが、余裕をもって返却をしなければいけないという点は、前もって覚えておきましょう。

また、そのまま契約したいという場合にも、1度端末の返却が必要となるため、そのまま使い続けることができないという点もあるのが、UQWiMAXのTRYWiMAXです。

JPWiMAXの0円レンタル

そして、おすすめとなるもう1つのWiMAXのレンタルサービスが、JPWiMAXの0円レンタルです。JPWiMAXも、WiMAXのモバイルWiFiルーター端末を、無料でレンタルすることができます。

JPWiMAXのレンタルサービスの期間は、1週間。TRYWiMAXと比較すると期間は少し短くなりますが、通信エリアの確認をするには、十分な期間です。

また、仮に端末の返却が遅れてしまった場合も、安心。返却遅延に対する損害金はあるものの、何万円もする違約金というのはかかりません。

そして、TRYWiMAXとの大きな違いは、そのまま契約する場合、端末の返却は必要ないということ。

JPWiMAXからレンタルされるモバイルWiFiルーターは、数回使用された程度の新古品となっているため、ほぼ新品同様です。 さらに、そのまま新古品をお使い頂く場合は、前述したキャンペーンに加えて、どのポケットWiFiサービスでも必要となる事務手数料が0円となる特典付き。

新品の端末が良いという場合は、返却のお手続きが必要となり、事務手数料の無料特典はなくなってしまいますが、通常契約と同様のキャンペーンをご利用頂くことが可能です。

TRYWiMAX JPWiMAXの0円レンタル
レンタル期間 15日間 7日間
契約の流れ 1度返却が必要 そのまま
契約可能
返却が遅れてしまった場合 最低20,000円の違約金 遅延損害金

以上が、WiMAXの端末レンタルサービスのまとめとなります。

両者を比較した結果、おすすめはJPWiMAXのレンタルで間違いなしです!便利、かつ端末の返却が遅れてしまった場合にも、少ないリスクでレンタルすることが可能ということがわかりました。もし、ご自宅などポケットWiFiをお使いになる予定の場所が、通信エリア内かどうかを確認したいという方は、まずはJPWiMAXの0円レンタルから利用してみることをおすすめします。

もちろん、0円レンタルからの契約であっても、JPWiMAXの通常キャンペーンも限定キャンペーンも対象となるので、是非この機会に、最安値でWiMAXのポケットWiFiサービスの利用を検討して頂ければと思います。


JPWiMAXの
0円レンタル詳細はこちら



関連記事

  1. 最新のモバイルワイファイキャンペーンの比較とオススメをご紹介!

    ポケットWiFi関連情報

    ポケットWiFiキャンペーン比較~コスパ最強のおすすめ紹介

    2019年、最も安く、最も快適にポケットWiFiを利用出来るキャンペー…

  2. 動画SNS放題
  3. ソフトバンクのウルトラギガモンスタ―はお得?ポケットワイファイと比較!

    ポケットWiFi関連情報

    ウルトラギガモンスター+ vs WiMAXどっちがお得?おすすめを比較!

    本当にお得?ソフトバンク(Softbank)の大容量プランウルトラギガ…

  4. おすすめはどっち?ymobileとワイマックスのポケットWiFi徹底比較

    ポケットWiFi関連情報

    ワイモバイルのポケットWiFi vs WiMAX!おすすめはどっち!?

    「データ通信量が無制限!」と聞いてワイモバイルのポケットWiFiを契約…

  5. おすすめはどっち?SoftbankとワイマックスのポケットWiFi徹底比較

    ポケットWiFi関連情報

    ソフトバンクのポケットWiFivsWiMAX!おすすめはどっち!?

    スマホや、パソコンなど毎日の生活にインターネットは不可欠なものとなりま…

  6. ポケットワイファイおすすめの最安値はここだ!~無制限で一番安い料金を追求~

    ポケットWiFi関連情報

    ポケットWiFiの本当の最安値はここだ!~無制限で一番安い料金を追求~

    選び方次第で4万円以上も料金の差が出る!無制限で最安値のおすすめポケッ…

【最新】0円レンタル始めました!

「契約したいけど、ちょっと不安」
「使ってみて圏外だったらどうしよう」
など。WiMAXをご契約前にお悩みの方へ
まずは1度使ってから決められる
JPWiMAX限定の1週間0円レンタルです。
今すぐ詳細へ

WiMAXのご契約に関して

WiMAX(ワイマックス)のエリアについて
JPWiMAXお申し込みフロー
初期契約解除制度について
WiMAX(ワイマックス)を徹底比較

関連省庁

JPWiMAXのキャンペーンが業界最安No.1に取り上げられました

お申し込み・お問い合わせ

24時間受付中
業界初!Amazonギフト券×月額料金割引
限定キャンペーンでWiMAXを申し込む  
※ 個人で複数台申し込みを希望の方は1度お問い合わせください。尚、ご契約後は台数分、ギフト券をお受け取りいただけます。

業界最安No.1に取り上げられました

お申し込み・お問い合わせ

24時間受付中
Amazonギフト券×月額料金割引
業界初の限定キャンペーンで
WiMAXを申し込む  
※ 個人で複数台申し込みを希望の方は1度お問い合わせください。尚、ご契約後は台数分、ギフト券をお受け取りいただけます。

ご注意事項

※ お申し込み完了メールのお受け取り、ギフト券のお受け取りのために、メールの受信設定をされている方は「jpwimax.jp@1onepiece.jp」からの受け取りができるようにしてください。
※ ネットワーク混雑回避のため、直近3日間での利用容量が10GBに達した場合、翌日18時頃~翌々日2時頃(約6時間)にかけて通信速度を概ね1Mbpsに制限します。
※ お申し込み初月の月額料金は日割り計算にて請求いたします。
※ 別途、契約事務手数料が3,000円(税抜)かかります。
※ お申し込み初月の月額料金は端末発送日からの日割り計算にて請求いたします。
※ 初回ご請求時に契約事務手数料・初月月額料金をご請求させていただきます。
※ 領収書はクレジットカードでお支払いになるため、カード会社発行のご利用代金明細書が正式な領収書になります。なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。
※ お申し込みメールアドレスの不備、受信拒否設定、メール振分け設定など、何らかの理由で、キャンペーンのご案内を行っているお申し込み完了メールがお受け取り出来ない場合、メール相談窓口にお問い合わせくださいませ。1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。
※ 個人のお客様で複数台お申し込みの場合、一度お問い合わせくださいませ。
※ 初期費用と初月のお支払いは発送時に請求となります。以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。