UQ WiMAXの悪い評判は本当?🤔利用者目線で調べたらスゴかった!おすすめ理由はズバリ3つ

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます。
UQ WiMAXの悪い評判は本当?🤔利用者目線で調べたらスゴかった!おすすめ理由はズバリ3つ
「CMや店舗でよくUQ WiMAXって見かけるけど、利用者の評判とか実際どうなの?」と気になっていませんか。

UQ WiMAXは、ひとことで説明すると持ち運べるWi-Fiです。工事不要でネットが使えるので部屋に置きっぱなしにして使ってる人もいます。

最近では据え置きタイプ(ホームルーター)も登場し、選択肢が増えてさらに便利になりましたね。

結論からお伝えすると、UQ WiMAXはどこにいてもネットをサクサク使いたい人にオススメのWiFiですよ。ただし、使いすぎると通信制限がかかることもあるので、ネットのヘビーユーザーには向いてないかもしれません。

この記事では、以下の内容で、あなたにUQ WiMAXが最適かどうか詳しくお伝えしています。

・UQ WiMAXはどんな人におすすめ?
・UQ WiMAXの契約メリットは?
・契約窓口は?

UQ WiMAXの評判や他社との比較だけでなく、最新のキャンペーン情報も一緒に紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

【結論】UQ WiMAXはこんな人におすすめ

UQ WiMAXの4つの特徴から、以下の人たちにおすすめできるという結論に至りました。
  • すぐにネットを利用したい人
  • 速いポケットWiFiを使いたい人
  • 動画視聴やゲームを頻繁にしない人
上のいずれかに当てはまるようであれば、迷うことなくWiMAXを契約しましょう。

ただ、ポケットWiFiの速度は利用場所や周りの環境によって大きく左右されますし、ネットの利用目的や利用頻度は人それぞれなので一概に「1日◯時間以上ネットを使う人はやめた方が良い」とは言えません。

心配な人は実際に使ってみるのが1番です。公式サイトでは、15日間のお試し無料レンタルができる「Try WiMAX」を実施しています。

Try WiMAXの利用方法や注意点について詳しく知りたい人は『TryWiMAXをレンタルしよう📶WiMAXがお試しできるけど注意点』をご覧ください。

UQ WiMAXとは

UQ WiMAXとは、UQコミュニケーションズが運営しているポケットWiFiの一つです。

WiMAXには、持ち運び用(モバイル)と据え置き用(ホームルーター)の2種類がありますが、ここではまとめて「UQ WiMAX」として説明しますね。

まずは、以下でまとめたUQ WiMAXとポケットWiFi、そして提供会社(プロバイダ)の違いをご覧ください。

UQ WiMAXとポケットWiFiとの違い

よくUQ WiMAXとポケットWiFiは混同されがちですが、主なポケットWiFiには3種類あり、各サービスによって運営会社が異なります。

UQ
WiMAX
Pocket
WiFi
クラウド
WiFi
端末
UQ WiMAX
Pocket WiFi
クラウドWiFi
運営会社UQ
(KDDI)
Y!mobile
(SoftBnak)
通信事業者
以前までは、KDDI系列のUQ WiMAXとソフトバンク系列のPocket WiFiの2社が市場を独占していましたが、現在では容量無制限のクラウドWiFiも新しく登場してきています。

UQ WiMAXは、他のポケットWiFiと比べても通信速度が安定していて、多くの提供会社が販売しているので大人気のサービスです。

提供会社(プロバイダ)

UQ WiMAXは公式サイトや店舗(UQスポット)だけでなく、数十社以上のプロバイダから契約できます。

例えば、「GMOとくとくBB」や「Broad WiMAX」「So-net WiMAX」などの名前を一度は聞いたことがあるかもしれませんが、それらは全てプロバイダのことです。

UQ WiMAXとプロバイダの種類

各プロバイダがUQ WiMAXを代理で販売しているだけなので、端末の速度やスペックは全く同じです。

ただしプロバイダによってはUQ WiMAX公式よりもお得な料金プランとキャンペーンを用意しています。

なので、まずはUQ WiMAXの特徴を理解してうえで契約するかどうかを判断し、契約する場合は1番お得なプロバイダを選ぶようにしましょう。

UQ WiMAXの評判からわかる3つのおすすめ理由

評判と利用者の口コミからわかったUQ WiMAXのおすすめ理由を4つ紹介します。


1.月額料金が安い
2.工事不要でネットが使える利便性
3.通信速度が比較的サクサク

1.月額料金が安い

UQ WiMAXは、光回線やPocket WiFiなどの他のサービスより月額料金が安いことが特徴です。毎月の固定費を節約したい方におすすめですよ。

UQ WiMAXと他社の月額料金を比較

ネットを利用するために契約できるサービスは、WiMAXの他にもネット回線やSoftBank Airなどがあるので料金や費用を比較しました。
月額料金端末代工事費
UQ WiMAX4,268円15,000円
光回線4,000円
~5,200円
15,000円
Pocket WiFi4,818円28,800円
SoftBnak Air5,368円59,400円
※ネット回線はフレッツ光の月額料金・工事費を記載
UQ WiMAX公式の月額料金は3,880円と他よりも安いです。さらに、提供会社(プロバイダ)によっては月額割引キャンペーンを実施しているので、公式よりも安くなります。

ただ、ネット回線もマンションに住んでいる人なら月額4,000円前後で利用でき、そこまで料金に差があるわけではありません。

月額料金以外の費用も含めて考えても、UQ WiMAXはネット回線とほとんど変わりませんが、その他のサービスよりは安く利用できます。

ちなみに、WiMAXをお得さで選ぶなら、月額割引き&高額キャシュバックがあるGMOが最も人気です。GMOは店舗を持たない分、ユーザー還元が魅力的なプロバイダなんですよ。
GMO WiMAXに申し込む

2.工事不要でネットが使える利便性

WiMAXの大きな魅力は手軽にネット環境が整えられるところですよね。みんながWiMAXを利便性で選ぶ理由を具体的にご紹介いたします。

即日利用可能

UQ WiMAXは、即日利用可能なネット回線です。一般的な光回線だと申込から開通工事まで約1ヵ月かかります。
UQ WiMAXの場合、ネットで申込んだ後は翌営業日に即日発送され、届くのが早い地域だと最短で2日で配送されます。
緊急でネット環境が必要になるビジネスシーンや新居への引越し時には、UQ WiMAXの配送の速さは大きなメリットとなります。

工事不要

UQ WiMAXのもう一つの大きな特徴は、工事が不要であることです。通常、自宅で固定のインターネット回線を契約する際には、開通工事が必須となり、これには最低でも2週間から、時期によっては1ヶ月以上の待ち時間が発生することがあります。
また、光回線の開通工事だと、「光コンセント」の設備設置のために壁に穴をあける可能性もあります。賃貸によっては光回線がNGのところもあるくらいです。
しかし、UQ WiMAXではこのような待ち時間や手間は一切不要。箱から出して、コンセントに挿すだけで、すぐにインターネットを利用開始できます。
特に、一人暮らしの方や頻繁に引っ越しをする方にとって、この手軽さは大きな利点です。
携帯性に優れたモバイルルーターと自宅で利用しやすいホームルーターの両方が用意されており、利用目的やライフスタイルに応じて最適な端末が選べるところも選ばれる理由のひとつとなっています。

3.通信速度が比較的サクサク

UQ WiMAXの端末は、光回線のルーターなみにスペックが高いです。各サービスの公式サイトに書かれている最大速度を以下で比較したのでご覧ください。
UQ
WiMAX
Pocket
WiFi
クラウド
WiFi
端末
UQ WiMAX
Pocket WiFi
クラウドWiFi
最大速度3,900Mbps~
(3.9Gbps)
988Mbps~150Mbps~
あくまで理論的に出るとされている最大速度なので実際の速度とは大きくかけ離れますが、UQ WiMAXはネット回線の1ギガ(1,000メガ)を超える3,9ギガと発表されています。

ただし、高速通信ができる5G対応エリアはまだまだ一部地域に限られますが、エリア外で利用する場合でも他社ポケットWiFiと比べると速度が速い方なので、以下のように満足している利用者の投稿がいくつも見つかりました。
WiMAXは従来の機種から大幅にスペックが改良され、速度も徐々に速くなってきています。実際にネット回線からの乗り換えを検討している人も多いです。

UQ WiMAXが、一般的なポケット型WiFiやホームルーターよりも速い傾向にある理由は以下3つの要因によるものです。
分かりやすく説明していきますね。

独自の高速通信網「WiMAX 2+」

WiMAXはWiMAX独自の「WiMAX 2+」という電波で通信しています。

一般的なポケット型Wi-Fiはスマホと同じ電波(LTE)を使っていますので、スマホとネット設備を共有している状態です。

一方でWiMAX 2+は占有回線です。LTEほど制約が厳しくないので、速度が比較的速くなる傾向にあります。

複数ルートでデータを送受信する「キャリアアグリゲーション」

通常のデータ送受信(光回線など)は1つのルートでやりとりします。一方でWiMAXは複数のルートで送受信します。WiMAXはルートの数だけデータが送れるので、ルートが多ければ多いほど結果的に速くなるということです。この技術をキャリアアグリゲーションと言います。

高性能のルーター機器

今の最新端末(2023年11月)では、下り速度が最大3.9Gbps~なので安価な光回線のルーターよりも断然速いです。
型番最大通信速度バッテリー持ち種類発売日
Speed Wi-Fi HOME 5G L134.2Gbps-ホームルーター2023/6/1
Speed Wi-Fi HOME 5G L122.7Gbps-ホームルーター2021/11/5
Speed Wi-Fi 5G X123.9Gbps約540分モバイルルーター2023/6/1
Speed Wi-Fi 5G X112.7Gbps約490分モバイルルーター2021/10/15
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi2.2Gbps約1,000分モバイルルーター2021/4/8
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi2.2Gbps約1,000分モバイルルーター2021/4/8
ちなみに光回線の1万円前後のWi-Fiは1Gpbs~なので数倍の差があります。

どうしてここまで差が開いているのかというと、WiMAXの端末が最新の通信規格5Gに対応しているからなんですね。

5Gはまだまだ利用できる環境が限られていますが、対応地域では光回線よりも通信速度が速いです。実際に私が住むマンションでは光回線よりUQ WiMAXのネット回線のほうが速いので驚きました。

その他にもWiMAXのルーターには、ネットをサクサクにしてくれる工夫「Wi-Fi 6の4ストリーム」「OFDMA」などのスゴい機能がたくさん盛り込まれています。
5G未対応エリアはは「W06」がおすすめ
現在、UQ WiMAXでは4種類の機種からルーターが選べます。
機種名メーカー最大速度接続台数
WX06NEC440メガ最大16台
HOME
02
NEC440メガ最大20台
W06HUAWEI1,200メガ
(867メガ)
最大16台
HOME
L02
HUAWEI1,000メガ
(867メガ)
最大40台
最新機種のモバイルルーターはNEC製の「WX06」ですが、そもそもメーカーによって性能が異なるので最新機種だから優れているというわけではありません。

結論を言うと、HUAWEI製の「W06」の速度が最も速く、高性能なのでおすすめです。
ハイモードアンテナ搭載

ハイモードアンテナ搭載※引用元:GMO WiMAX公式サイト

HUAWEI製の「W06」は高性能なハイモードアンテナが搭載されているので、これまで繋がりにくかった場所でも電波を受信してくれます。

さらにTxビームフォーミング対応で、自動的にスマホやPCを狙って電波を届けてくれます。これによって通信の安定性が向上し、受信感度が20%もアップしています。
4×4MIMOの設定が可能

4×4MIMOの設定※引用元:GMO WiMAX公式サイト

4×4MIMOとは、ルーターに内蔵されている4本のアンテナを使って、通常よりも多くのデータを送受信することで通信を速くする新技術のこと。

データ量とバッテリーの減りが早くなってしまいますが、ネットの速度が遅い時だけ設定するなど状況に応じて利用可能です。

注意!使いすぎると速度が遅くなることも

WiMAXは完全にネット使い放題ではなく、決められた通信量を超えると速度制限にかかるという特徴があります。

現在では、速度制限に一切かからないポケットWiFiが登場しているので、WiMAXのマイナスポイントと言えます。
速度が低下したときの対処法
WiMAXには3日間でデータ使用量10GBの通信制限があり、制限を超えると翌日のPM18時からAM2時まで速度制限にかかります。

対処法はとにかく「待つ」ことだけです。強制的に解除する裏技は存在しないので、代替案としてスマホのテザリングを使用するなどして一時的に凌ぐことをご検討ください。

直近3日間の合計データ量は液晶画面で確認可能です。通信制限にかかるイメージとして下の図を参考にしてください。

直近3日間の通信制限のイメージ※引用元:UQ WiMAX公式サイト

10GBと言われてもどのくらいのデータ容量なのか分かりにくいかもしれません。

UQ WiMAXの公式サイトには、目安としてYouTube動画を標準画質で47時間再生しないと10GBは超えないと書かれていましたが、ツイッターの口コミを見ると速度制限にかかって不満を抱えている利用者が多かったです。
速度制限にかかった全員が47時間もYouTube動画を視聴するほどネットを使っていたとは考えづらいので、公式サイトに書かれていることは当てにならない可能性が高いです。

ただし、速度制限にかかるのは翌日の1日のみ。よっぽど動画視聴やオンラインゲームなどを頻繁にする人でない限り心配しなくても大丈夫でしょう。
実際どれくらい遅くなる?
WiMAXは速度制限にかかると通信速度が最大1Mbpsまで低下します。

どのくらい遅くなるのかを簡単に説明すると「YouTube動画を高画質で視聴するのが難しく、標準画質でやっと視聴できるレベル」です。(参照元:UQ WiMAX公式サイト)

スマホなどの一般的な速度制限では通信が最大128Kbps(0.128Mbps)まで低下しますが、それよりは制限速度に余裕があります。
上の口コミのように、スマホで動画を観たりネットで検索したりするぐらいなら問題なく利用できるので、速度制限にかかるからといって全くネットが使えなくなるわけではありません。

UQ WiMAXのお得な契約先は?

WiMAXの契約先は以下の4つです。

・UQ WiMAXの公式サイト
・プロバイダ
・UQスポット(店舗)
・家電量販店

店舗での契約もできますが、ここではネットで簡単に申し込みできる公式サイトとプロバイダについて紹介します。
結論、「GMO WiMAX」「カシモ WiMAX」「Broad WiMAX」の3社がおすすめです。

契約先によって何が違う?

契約先で利用できるルーターは全く変わらないので、主な違いは『月額料金・端末代金・契約期間』の3つだけです。

1.月額料金

契約先によってWiMAXの月額料金が異なります。公式サイトと主要プロバイダ7社の月額料金を比較したので以下の表をご覧ください。

契約先月額料金
UQ WiMAX4,268円
GMO WiMAX4,158円
カシモ WiMAX4,455円
Broad WiMAX2ヶ月:2,090円
3~36ヶ月:3,894円
37ヶ月以降:4,708円
BIGLOBE WiMAX4,378円
UQ WiMAX公式サイトの月額料金は一律4,268円で分かりやすいですが、プロバイダでは利用期間ごとにキャンペーンの割引額が変わります。

月額料金の相場として大体3,500円~4,000円で利用できることから、料金自体にはそこまで大きな差はありません。

それでも、なるべく毎月の料金を節約したい人は、比較的安い「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」「DTI WiMAX」の3社プロバイダから選びましょう。

2.端末代金

UQ WiMAXでは端末代が15,000円かかってしまいますが、多くのプロバイダではキャンペーンによって端末代が0円になります。

僕が調べた中だと端末代金が発生する契約先は以下の2社のみです。

UQ WiMAX⇒15,000円
BIGLOBE WiMAX⇒19,200円

ただし、BIGLOBE WiMAXでは15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、実際の負担額は4,200円となります。

特にUQ WiMAXの公式サイトから申し込むと初期費用が高額になってしまうので、端末代金がかからないプロバイダの方がお得です。

3.契約期間

UQ WiMAXでは2年契約と決まっていますが、多くのプロバイダでは3年契約になります。

プロバイダで契約する場合は、契約期間中に解約すると最大19,000円の解約違約金が発生してしまうので注意が必要です。
契約先契約期間
UQ WiMAX2年
GMO WiMAX3年
カシモ WiMAX3年
Broad WiMAX3年
BIGLOBE WiMAX1年
So-net WiMAX3年
DTI WiMAX3年
@nifty WiMAX3年
このように、UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAX以外のプロバイダは契約期間が3年で、途中解約すると以下の違約金が発生します。

●3年契約の解約違約金
1年以内:20,900円
2年目:15,400円
3年目:10,450円
更新月:0円

短い期間で解約すると違約金が高額になってしまいますが、長期利用を目的とするなら月額料金の安さやキャンペーンに優れた3年契約のプロバイダを選ぶべきでしょう。

おすすめプロバイダ

UQ WiMAXが契約できるプロバイダのおすすめは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBB×UQ WiMAX

GMOとくとくBBは、プロバイダとして20年以上の運営実績がある会社です。

GMOとくとくBB最大の特徴は、月額料金の安さ。月々4,158円~で手軽にWiMAXを利用することができる上に端末代も無料です。

また現在キャッシュバックキャンペーンも実施していて、申し込むだけで13,000円を還元してもらえるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。
▼月額割引キャンペーンはこちら▼GMO WiMAXに申し込む

まとめ

ここまでUQ WiMAXの特徴やお得な契約先をお伝えしてきましたが、結論おすすめできる人は以下の通り。

●すぐにネットを利用したい人
●速いポケットWiFiを使いたい人
●動画視聴やゲームを頻繁にしない人

ただし、UQ WiMAXを契約するなら公式サイトではなくプロバイダからの申し込みがお得になります。なかでも「GMOとくとくBB」と「DTI WiMAX」の2社がおすすめです。