Mugen WiFiの評判は上々!料金安くて100ギガ使えるけど実際どう?口コミを大調査

当サイトに掲載されている商品には、一部プロモーションが含まれます。
Mugen WiFiの評判は上々!料金安くて100ギガ使えるけど実際どう?口コミを大調査
通信量が100GB使える「Mugen WiFi(無限WiFi)」って実際どうなの?契約者の評判が気になっていませんか。

結論から申し上げると、Mugen WiFiは他のサービスと比較しても月額3,150円と最安水準で、気軽に契約できるお試し利用キャンペーンもあるので非常にオススメです。メリットをまとめてみましたのでご確認ください。
Mugen WiFiの評判からわかったメリット
月額料金が安め
月間容量100GB(ギガ)使える
2年後から無料解約できる
端末の発送が速い
検討中の方は「こんなに安くて本当に大丈夫?」と心配になってしまうかもしれませんが、この記事を読めばきっと安心できますよ。

気になる評判を調査をしたところ、以下のような通信速度や利用エリアについて契約前に知っておくべき注意点はいくつかありましたが、人によってはさほど気にしなくてもよい問題です。
Mugen WiFiの悪評で知ったデメリット
エリアは広く問題ない
速度が遅いという口コミは多い
繋がらない時の対処法
この記事では利用者の口コミを参考に、料金や速度、キャンペーンなど全てをご紹介しています。申し込み方法やよくある質問も一緒にまとめたので、納得いくまでご覧ください。
【MugenWi-Fi最新キャンペーン】今なら10,000円キャッシュバック!ポケット型Wi-Fiを最安級で使いたいなら今がお得!

MUGENWi-Fi10,000円キャッシュバック

結論|Mugen WiFiはこんな人におすすめ

MUGENWi-Fi


Mugen WiFiとは2019年10月から始まったクラウドSIMのポケットWiFiで、株式会社surfaveという会社が提供しています。

他のポケットWiFiとは、スマホや携帯と同じLTE回線を使っているという点が大きく違います。国内の通信エリアが広いだけでなく、海外でも同じ端末がそのまま使える高性能なポケットWiFiです。

結論、Mugen WiFiは以下のような方にとっておすすめできるサービスです。
Mugen WiFiはこんな方におすすめ
●安い月額料金で使いたい方
●実質無制限にデータを使いたい方(~100GB)
●最低2年は使う方
●契約後すぐに使いたい方
Mugen WiFiは他のポケットWiFiと比べてもトップクラスに安く、かつ月間100GBまでなら無制限に使えるのが最大の魅力です。また、端末も基本的に即日発送であるため、契約後すぐに使いたい方にもぴったり。

一方、2年間の契約期間で解約すると違約金がかかります。他社と比べると安めではありますが、長く利用する予定がない人には向きません。

100GBを超えたら制限される

月間100GBを超えると通信制限がかかり極端に遅くなるため、きわめて稀だと思いますが、それ以上使う人はネット回線などそもそも別のネット回線を契約した方が良いでしょう。
▼月額3,328円で100GBの大容量▼Mugen WiFiに申し込む

Mugen WiFiの評判からわかったメリット

早速、Mugen WiFiの口コミや評判を見ていきましょう。

ポケットWiFiは「月額料金」「通信容量」「契約期間」「発送日」といった点が異なるので詳しく解説していきます。

結論を言うと、Mugen WiFiは料金や通信容量といった主要なポイントで他社と比較しても優秀なポケットWiFiと言えます。

ただし、もちろん注意すべき点や事前に理解しておくべきこともあるので、あわせてご説明していきます。

月額料金が安め

Mugen WiFiは現在プランが一つになり、シンプルでわかりやすい料金形態へと変わりました。

他社と月額料金を比較したところ、Mugen WiFiは最安水準の価格で利用できます。

月額料金は最安水準

Mugen WiFiの「格安プラン」は、ポケットWiFiとして大人気のWiMAXや、同じようにレンタルをやっている◯◯WiFiと比べても以下のように最安水準であることが分かりました。

[table id=2402 /]

このように、どのポケットWiFiよりも安く利用することができ、ずっと月額料金は変わらないので、契約期間の2年以上使ったとしても最安で利用できてお得です。

同じ端末が使えるどんなときもWiFiやよくばりWiFiと比べても、以下の表で比較したように長期的に見ても料金を節約できます。

[table id=1758 first_column_th=”1″ /]

最初の2年間で比べても、毎月100円ほど安いことがわかりました。

たった月100円しか変わらないじゃんと思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引きがおわって月600円も高くなるので長期的に見たら料金が高くなっていきます。

Mugen WiFiの月額料金はずっと変わらない3,718円で、以下のように満足されている人の口コミがたくさん見つかりました。

3ヶ月おまとめオプション加入無料!入れば「毎月110円引き

3ヶ月分料金をまとめて一括で支払うことを条件に、毎月110円円引きで利用できる無料オプションが最近追加されました。

これによってさらに安い料金でWi-Fiが利用できますので、支払いが1か月ごとじゃなくても構わない、という人はぜひこのオプションに加入しましょう。

海外利用の追加料金も安め

海外で利用する場合は毎月の料金とは別途で費用がかかりますが、1日当たり1,200円~1,600円と他社と比べるとかなり安いです。

世界134ヶ国に対応しているので、マイナーな国でなければほとんど利用できます。

★海外で利用した場合の料金 【アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア】 ⇒1,200円/日 【中東・アフリカ・南米】 ⇒1,600円/日
1日単位で請求されるので、利用しない日は料金が1円もかかりません。 ただし、LTE回線を使った高速通信は1日1ギガまでの通信制限があるので、容量を越えてしまうと速度制限がかかってしまいます。 海外レンタルWiFiといえば「イモトのWiFi」が有名ですが、短期間の旅行や滞在なら1日1ギガのMugen WiFiでも問題ないでしょう。
▼月額3,328円で100GBの大容量▼Mugen WiFiに申し込む

月間容量100GB(ギガ)使える

Mugen WiFiはデータが大容量の月間100MBなので、速度制限にかかる心配がほぼありません。

有名な「WiMAX」や「Y!mobile」のポケットWiFiには毎月の通信制限がない代わりに以下のような短期的な通信制限があります。

※参考(他社で使える端末の通信制限)
WiMAX⇒3日で10GBを越えると速度制限
Y!mobile⇒1日で3GBを越えると速度制限

数字で言われてもピンとこないかもしれませんが、スマホのアプリをアップデートしたりダウンロードしたりするだけでも容量を越えてしまうことが多いです。
上の口コミのように、WiMAXの公式(UQ WiMAX)には「ネットを使い過ぎなければ速度制限にはかからないよー」という風に書かれていますが、実際の利用者に聞くとストレスを感じている人がたくさんいます。

現在は、スマホで動画を観たり音楽配信サービスを使ったりする人が増えてきて、大容量のデータ通信をおこなうのが当たり前になってきています。

これまでは固定回線を引くか、自宅用のモバイルWiFiルーターを契約するかしかネットを無制限に使うことができませんでしたが、Mugen WiFiのような大容量月額プランではこれらをストレスなく行えるのが嬉しい点ですね。

100GB(ギガ)超えたら速度制限がかかる

ただし、月間で100GB以上使った場合は翌月まで通信速度が128Kbps以下となる速度制限がかかってしまいます。

100GBを超えることはそうそうないと思いますが、超過してしまった月は極端に遅くなってしまうことを頭に入れておいてください。
追加のギガチャージなどもできない
100GBを超えてしまった場合、追加のギガのチャージなどもないため、翌月までは極端に遅い通信速度で我慢するしかありません。通信制限時はWEBサイトやSNSの閲覧も難しく、動画の視聴は不可能と思っておいてください。

あまりの使いすぎには注意しましょう。

2年後から無料解約できる

Mugen WiFiは2年以上使い続けると、契約期間の縛りがなくなります。いつ解約しても違約金がかからないのは大きなメリットです。

[table id=2404 /]

「縛りなしWiFi」や「STAR Wi-Fi」は最初から契約期間の縛りがありませんが、他社では2年ごとの更新月で解約しないと違約金がかかってしまいます。

更新月のタイミングは1年に1ヶ月間しかないので、時期が悪いと解約するときに高額な違約金を請求されてしまうということです。

ポケットWiFiの性能は時代とともに大きく進化し、2年後や3年後にはどうなっているのか分からないので、できるだけ契約期間の縛りがないサービスをおすすめします。

最低でも2年間使い続ければ解約するタイミングを気にする必要がなく、さらにレンタルしている端末も返却しなくて良くなくなるのでかなり大きなメリットでしょう。

解約方法も簡単

Mugen WiFiの解約手順は簡単で、以下の3ステップで完了します。

➀「公式サイト」のお問い合わせから解約連絡をする
➁1日~2日後に届くメールに返信する
➂端末を返却する(2年以降は不要)

所要時間は10分程度です。

2年未満に解約する際の注意点

もし2年未満に解約する場合は、「違約金が発生する」「端末を返却する必要がある」という2点を押さえておく必要があります。
違約金が3,300円かかる
Mugen WiFiは2年間の契約期間となっているため、2年以内に解約する場合は違約金が発生します。とはいえ、Mugen WiFiの解約違約金は他社よりも安いのでそこまでデメリットに感じる必要はありません。
他社サービスも、契約期間内に解約すると月額料金1か月分の違約金が発生します。そのためMugen WiFiに限った事ではないのでご安心ください。
端末を返却する必要がある
利用開始から25ヶ月目以降に解約するなら端末を返却する必要はありませんが、2年以内だと必ず端末を返却しないといけないので覚えておきましょう。

もしも端末を返却しなかった場合、20,000円の端末違約金がかかるので注意してください。

端末の発送が速い

Mugen WiFiは発送が速く、すぐに手元に届く点も好評でした。
Mugen WiFiは最短いつ届く?

Mugen WiFiの発送のタイミングは以下の通りです。住んでいる場所や地域によっては最短で翌日から利用できます。

平日の午前8時まで⇒当日中に発送
土・日・祝⇒翌営業日に発送

仮に平日の8時を過ぎたとしても、翌日には発送されるので2日後か3日後には届きます。

他社では端末の発送が3日後~8日後となっている場合があり、届くまでに1週間以上も待たされることがあるのでありがたいです。

他社でも最短当日に端末が発送される場合があるのでMugen WiFiだけのメリットではありませんが、場合によっては最短でも3日後に発送されたり、いつ届くのか明記されてなくて1週間も待たないといけなかったりします。

[table id=2405 /]

Mugen WiFiの悪評で知ったデメリット

Mugen WiFiの口コミの中には、「繋がらない」という声も多く寄せられていました。

ここでは、Mugen WiFiは本当に繋がりにくいのか、エリアや速度の面から検証していきます。

エリアは広く問題ない

Mugen WiFiは特定の回線を持っているのではなく、Softbankやdocomo、auのLTE回線を使って通信しているのでスマホや携帯と同じエリアで利用できます。

使う場所によって一番繋がりやすい通信回線を自動的に選んでくれるので、地下鉄や電車の中、山奥や田舎でも安定して繋がりやすいというのが大きな特徴です。	

スペック面で見れば、Mugen WiFiは対応エリアが広く繋がりづらいことは起きにくいと言えそうです。

使用する場所によっては繋がりにくいことも

とはいえ、エリア内であっても使用する場所によっては繋がりにくいこともあります。

基地局から発信される電波は、様々なものに影響を受けています。障害物によって電波が遮られてしまうこともあり、基地局と端末間の通信が不安定になると速度が低下したり、繋がりにくくなる場合もあります。

また、利用者が多い場所では回線を圧迫してしまうため、速度が低下する要因ともなります。

これらはMugen WiFiに限ったことではないですが、繋がりにくいと感じた時は場所を移動してみるといいでしょう。

なお、エリアが心配な方は、ソフトバンクのエリアマップで確認することもできます。

速度が遅いという口コミは多い

上の口コミは一例ですが、Mugen WiFiとWiMAXを比べたときにWiMAXの方が速く感じるという声がたくさん見つかりました。

WiMAXと比較すると速度は遅め

たしかに公式サイトに記載されている通信速度を以下で比較すると、WiMAXよりも遅いことがわかります。
[table id=1762 first_column_th=”1″ /]

上記のように、WiMAXの最大速度がMugen WiFiより3倍速いことが分かりました。

ただし、最大速度は理論的に出るとされている数値なので、実測値と比べるとかなり離れた結果になりあまり参考にはできないです。

なかにはWiMAXよりもMugen WiFiの方が速いし安定してるという声も見つかりました。
実際の速度は住んでいる場所や周りの環境によって大きく左右されてしまい、利用者の中でも速度が速い人と遅い人で分かれているので、結局のところ運次第になってしまうので注意しましょう。

繋がらない時の対処法

Mugen WiFiは決して特別繋がりにくいポケットWiFiというわけではありません。それでも繋がらない場合はあり、そうした状況はストレスに感じることも確かでしょう。

繋がりにくいと感じた時は以下の対処法を試してみてください。

端末の置き場所を変える

自宅などで置いてあるMugen WiFiの端末の場所を変えてみましょう。どこが繋がりやすいかは一概には言えませんが、繋がりにくくするNG事項は例えば以下のような置き方です。

●接続機器(スマホやPC)と端末(Mugen WiFi)の間に障害物がある
●端末を布やカーテンなどで覆っている
●タンスや戸棚の中に置いている

以上のような置き方を避けることで繋がりやすくなる可能性があります。

端末や接続機器を再起動する

Mugen WiFiの端末や、スマホ・PCといった端末を再起動すると繋がりやすくなる場合も多いです。

まずは端末側を再起動し、それでも解消しないならスマホやPCを再起動して接続し直してみましょう。

30日お試し期間で解約する

もし上記でも解消しない、またあまりにも頻繁に繋がらなくなるという場合は、Mugen WiFiの30日間お試しキャンペーン期間内で解約してしまうのも手です。

また、契約して8日以内であれば端末を返却すれば料金がかからない「初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度があります。

どのポケットWiFiも実際に住んでいる場所で使ってみないと速度が分からないので、実際に契約してみて期待通りの速度がでなければこうした制度は積極的に活用してもいいでしょう。
▼月額3,328円で100GBの大容量▼Mugen WiFiに申し込む

お得な0日おためし全額返金キャンペーン

MUGENWi-Fi30日間お試し


Mugen WiFiでは「30日おためしモニターキャンペーン」をやっています。

申し込みから30日以内であれば、いつ解約しても違約金や月額料金、初期費用を含めた全額を返金してくれるのでお得です。

しかし本キャンペーンを適用させるには、返却処理手数料1,000円と返却時の送料がかかるので覚えておいてください。

それでも、ここまで長くサービスをお試しで利用できるのはMugen WiFiだけなので、安心して申し込むことができるのも魅力の一つでしょう。

▼キャンペーンの適用方法▼
①申し込み日から30日以内に「30日おためし全額返金保証」の旨と 「解約理由」「決済番号」をお問い合わせフォームから連絡する
②申し込みから30日以内を発送日として郵送でレンタル機器を返却する

注意点として、以下の状態でキャンペーンを適用させた場合は違約金がかかります。

通常を越える(50GB以上の)大容量通信
⇒9,000円
箱の破損などや説明書の欠品
⇒20,000円
レンタル機器の未返却
⇒翌月から毎月1,600円(最大24ヶ月)

レンタル機器だけでなく箱や説明書も返却の対象になるので、必ず大事に保管するようにしておきましょう。

Mugen WiFiの申し込み方法

公式サイトから申し込む

まずは申し込み手続きをしないことには始まりません。Mugen WiFiの申し込み窓口は公式ページだけなので、安心して申し込むことができます。

平日であれば翌日までには発送メールが届きます。もしメールが届かない場合はMugen WiFiの問い合わせ窓口に電話しみましょう。

※Mugen WiFiの問い合わせ窓口
TEL:0120-541-802

申し込み前の確認ポイント

申し込みフォームを記入していくのですが、確認しなければならない点が3つあります。

サポートオプションは必要か?
端末が故障したら交換費用として20,000円かかります。「Mugen補償プラン(500円/月)」に加入している場合は0円になりますが、紛失や盗難には対応していません。自然故障なら1年間の無料保証が付いているので、わざわざ加入しなくても大丈夫です。
支払い方法は選べるか?
支払い方法はクレジットカード(VISA/JCB/MasterCard/AMERICAN EXPRESS/DinersClub)のみです。どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、月額料金が割高になるのでおすすめしません。
▼公式サイトはこちら▼Mugen WiFiに申し込む

まとめ

ここまで長い文章を読んでいただきありがとうございました。

Mugen WiFiは他社と比べても安い料金でネット使い放題になので、素直におすすめできるポケットWiFiです。

この記事が、皆さんのインターネット選びに役立つことを祈っています。